三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

テングチョウ 交尾 (4/16)

初めて、多摩丘陵に行ってみました。
スジグロシロチョウ、ツマキチョウ、ムラサキシジミ、ナミアゲハ、(たぶん)ヤマトシジミはちっとも遊んでくれず、草っ原でようやくベニシジミと遊び始めたら、目の前にテングチョウが「並んで」落ちてきました。
そぅっと望遠で
d0313296_2244524.jpg

♂オスが向きを変え始めました。
d0313296_2274553.jpg

d0313296_22122514.jpg

めでたく、
d0313296_221481.jpg

ミヤマセセリの交尾で学習できたので、安心してコンデジ接写に変えました。
d0313296_22202819.jpg

手乗りにしちゃいました。
d0313296_22235890.jpg

表翅が見えた1枚
d0313296_2227051.jpg

このポーズがいいようです。
d0313296_22301283.jpg

あらっ、♂オスの前足がこけた!?
d0313296_222843.jpg

こんなにいっぱいいっぱいに撮れちゃいました。
d0313296_22363540.jpg

杭におろしてあげました。
d0313296_2239305.jpg

バイバイする前に、もっと目立たない所におろしてあげました。


しばらく歩いていたら、またもや目の前に、えっ、えっ、えっ、トラフシジミ!?
d0313296_224616.jpg

えっ、えっ、えっ、開翅!!!でも、青くない??
d0313296_22492965.jpg


せっかくのトラフの開翅がブルーでなかったし、すぐに飛んでいってしまったので、ちょっとがっかりでしたが、
最後に、とっても輝いているトンボに会えました。
d0313296_2252716.jpg


傾斜のきつい尾根歩きでしたが、夏に高山蝶に会いに行くための鍛錬と思い、この場所には、また行こうと思います。(駐車場がわかりづらかったし、出入り口や道路の幅が狭くてこわいから、次からは電車にしよっと)
by mikatanukibaba | 2013-04-16 22:59 | Comments(4)
Commented by yoda-1 at 2013-04-17 12:57
これは貴重な交尾観察ですね。
雌♀が6本脚で、雄♂が4本脚で立っているでしょう。
雄♂の前脚は胸に畳まれて、タテハチョウ亜科に近い感じです。複眼も雄♂の方が大きく見えるし、勉強になります。
Commented by H.A. at 2013-04-17 14:26 x
これは私も始めて見ました。
フィールドでももちろん写真でも初めてかもしれません。
トラフは構造色のせいで、黒っぽく見えたんではないでしょうか。
Commented by mikatanukibaba at 2013-04-19 17:39
YODAさん、あっ、オス♂は4本脚で立っていたので踏ん張りきれなかったのですね(^^) 雌♀雄♂の眼の大きさの違いには気づきませんでしたが、色が違うのには不思議だなぁ(面白いなぁ)と思っていました。
YODAさんに感心してもらえる写真が撮れたなんて、このテングチョウのカップルに感謝、感謝、です\(^^)/
Commented by mikatanukibaba at 2013-04-19 17:43
H.A.さん、まぁ、そんなに珍しいシーンだったのですね、ますます、このテングチョウカップルに感謝、感謝、です!!
トラフも構造色なのですか。となると、開翅シーンに会えるのも稀なのですから、青色の表翅に会えるのも奇跡に等しいですね(^^;)