三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

2014 カレンダーの表紙(説明)

d0313296_0301628.jpg

2014 蝶のカレンダー 表紙
(印刷したのをスキャンした画像です。明るくなり過ぎちゃいました--;)

年明けまでに完成できなかったので、表紙の説明を忘れていました。

左上: コミスジの正面顔 横浜市内の都市公園にて
 初めのうちは警戒して近寄らせてくれなかった個ですが、この場所(橋の欄干)が気に入っていたらしく、しつこく何度もにじり寄る変な生物(私)に呆れたのか、そのうち、コンデジのフレーム内からはみ出るほど近寄らせてくれました(^^)

左中央: カバマダラのスリーショット 横浜市内某所にて
 台風で飛ばされてきたらしき、翅がボロボロのメスが見つかった後、そのメスが産んだ卵から成虫になったとみられる綺麗なカバマダラが、「撮り蝶」と「採り蝶」にフィーバーを起こしました。台湾で一度だけ会えた蝶に日本で、それも近所で再会できて嬉しかったです

左下: クジャクチョウonヤマユリ ブリティッシュヒルズの自然遊歩道にて 
 『geisya(芸者)』の学名もあるクジャクチョウですが、地面や道路、石の上に止まっている時に会うことが多く、艶やかな花に止まってくれることは滅多にありません。が、「このユリに止まってくれないかなぁ~」と想っていたら、なんと、近くのリョウブの樹の高い所の花で吸蜜していたのをやめて、百合の花に降りてきてモデルになってくれたのです。「蝶に祈りが届いた~」と思えた嬉しいひと時でした

中央: オオムラサキのメス♀の輪舞 北杜市オオムラサキセンターにて
 生態観察施設内の樹液レストランで輪になった9頭と向き合った2頭のメス♀です。長坂駅からのオオムラサキ自然観察道では、たくさんのオス♂が群がっている場面にも会えたのですが、そこには獣糞が・・・(--;) 自然の中で樹液に集まるオス♂に会いたいなぁ~

右上: ヒメシジミの求愛  奥日光にて
 木道から降りてはいけない場所だったので撮影には苦労しましたが、たくさんのヒメシジミに会えて大満足でした

右中央: 手(指)乗りアカシジミ 横浜市内の自然公園にて
 平地性ゼフィルス(樹上性のシジミチョウの1群)6種と会える公園で、何故か飛べないこの個と出会い、手の上で正面顔を撮らせてもらいました。飛翔時にしか見ることができない表翅をちょっとだけ見せてくれた、可愛いモデルさんでした

右下: キアゲハの飛翔 ブリティッシュヒルズの花壇にて
 黄揚羽、ですが、赤や青の斑紋が美しいです。この個がこのあと、百合の花の中に潜り込んで吸蜜した時の裏翅も美しかったです

蝶に特に興味のなかった方々に、私が魅了されている蝶の美しさや可愛さを少しでも紹介したいなぁと思い、また、一緒に撮影散歩をして下さった方に「あの時に撮った蝶です」と見てもらうために作り始めた「蝶のカレンダー」も第7作目となりました。ということは、蝶を撮るようになって7年間が経った、ということです。ほんの少しずつですが、蝶との出会いも増え、ピントが合っている写真も増え、昨年はブログも始めちゃいました。
今年も、来年のカレンダーを作れるくらい、たくさんの蝶と遊びたいとは思っておりますが、もしかしたら、ブログやTwitter、FBで紹介するだけで、カレンダーは作成できないかもしれません。そのときは、あしからず
m(_ _)m
(と、これまで、カレンダーを飾って下さっていた方々に、今から謝っちゃうって、おかしいと思われるでしょうが、まぁ、年が明けて早々に来年のことを言うこと自体、鬼が大笑いすることですので、気にしないでやってください)
by mikatanukibaba | 2014-01-14 06:30 | Comments(0)