三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

2014 3月のカレンダー

d0313296_108193.jpg


3月になると、もうすぐ会えるかな、いつ会えるかな、とウキウキしてきますね。
アゲハチョウ科の蝶たちです。

左上は、ウスバシロチョウ と アブラナ科の花
右上は、キアゲハ と セリバヒエンソウ
左下は、ギフチョウ(お顔と触角が可愛い) と レンギョウ
左中央は、ギフチョウ(腹部のシマシマと裏翅の色合いがきれい) と カキドオシ
右下は、ギフチョウ(表翅の赤斑が鮮やか) と スミレ
(スキャンした画像なので、鮮明でなくてごめんなさい)

2月28日の中日新聞に
「名和昆虫博物館(の飼育ケース内)で27日にギフチョウが羽化」という記事とそのギフチョウの写真が出たそうです。岐阜県内の里山でも3月中旬から見られる、と記事にありました。
神奈川のギフチョウより岐阜のギフチョウの方が出現は早いのかしら?
名和昆虫博物館には、いつ行くことができるでしょう?
ワクワクすることがいっぱいあるって、楽しいですね(^^)/
by mikatanukibaba | 2014-03-01 10:34 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2014-03-02 18:34
ギフチョウ登場まで愈々1ヵ月程度ですね!
今年は、何とか舞う姿を見てみたいです。
Commented by mikatanukibaba at 2014-03-13 06:57
ヒメオオさん、3月になるとワクワクしますね。ギフチョウ、飛翔を撮りたいと、身の程知らずの夢を抱いております(^^;)