「ほっ」と。キャンペーン

三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

トラフシジミ 至近距離 (6/28)

午後からの都内での予定の前に、ちょこっとのつもりで自然教育園に寄ってみました。なので、デジイチはお留守番。
入園してすぐに、トラフシジミを撮っている人に遭遇。で、私もCASIO EX-FH100で撮影。
d0313296_2222654.jpg

開翅したので、そうっと後ろから。
d0313296_2223925.jpg

柵があるので真ん前には回りこめませんでしたが、こんなに近くで撮らせてくれました。
d0313296_22262118.jpg

今回は、全てノートリミングです。おやっ、トラフシジミの止まっている花の下に・・・
d0313296_22292150.jpg

この個の翅が傷んでいなかったら、デジイチを持たなかったことを深く後悔したところだったでしょう(^^;)
ここでのトラフシジミの出会いは、この個の外に、死体になっていた個と撮影モデルになってくれなかった個がそれぞれ1頭ずつでした。せわしなく飛ぶ、キマダラヒカゲくらいの蛾が、あちこちにたくさん発生していました。
by mikatanukibaba | 2013-06-28 22:35 | Comments(0)

ツバメシジミ 産卵 (6/25)

雨が降ったり止んだり、でしたが、長引いた風邪で衰えに拍車がかかった体力を少しでも回復すべく、お散歩のつもりで、横浜市緑区に行ってきました。一眼は濡れるといけないので持ちませんでした。(今回の写真は全てCASIO EX-FH100)
カタツムリを撮って遊んだりしたあと、雨がすっかり止み、田んぼの近くの小さな池のそばでツバメシジミと会いました。オスが3頭いた中で、一番美麗で大きな個がよく開翅してくれました。
d0313296_9201264.jpg

実は、この個、かなりしぶとく、誰か(たぶん犬)の落し物にいた個でした。(トリミングで「落し物」をカット)
d0313296_9334081.jpg

ノートリミングでここまで大きく撮れました。
d0313296_924421.jpg

メスはいないのかなぁ、と しばらく見回していたら、1頭だけいました。
d0313296_9255858.jpg

あらっ、産卵ポーズです。
d0313296_927298.jpg

卵の確認を試みましたが、やっぱり、私の装備では無理。せめて、肉眼で確認できるよう、虫眼鏡を携帯しなければ、と つくづく思いました。
by mikatanukibaba | 2013-06-26 09:29 | Comments(0)

ウラナミシジミ 2013初見 (6/23‐②)

トラフシジミに会えただけで大満足でしたが、またまた、思いもかけず、公園の隣の家の庭先で
ウラナミシジミと会いました。
d0313296_0251927.jpg

ずいぶん翅が傷んでいます。
d0313296_0262593.jpg

でも、今年の初見なので、しつこく撮りました。
d0313296_032786.jpg

ここは神奈川県の座間市。この個は、越冬体?新生蝶?私にはわかりません。
最後は、なぜか無くなってしまった尾状突起があった場所がわかる1枚です。
d0313296_0384997.jpg

by mikatanukibaba | 2013-06-26 06:30 | Comments(0)

トラフシジミ夏型 全開翅を初ゲット(6/23)

午後から座間市に行く用事があり、地図を見ていたら、すぐ近くに興味深い公園があったので午前中から出かけてみました。
犬の散歩やジョギングをするにはよい公園で、クヌギとコナラの林や昆虫の森と名の付いている所でも、どうも生物の気配が薄く、湿生生態園でもザリガニ獲りの子どもたちで賑わっているばかりでしたが、カワセミのいる池の畔では、ヒカゲチョウやキマダラヒカゲ等が飛び回っていました。撮影意欲をそそられる場面がなかなかなく、田んぼの近くでやっとベニシジミが求愛しているところでも撮れるかなぁ、交尾にまで至るかなぁ、と期待できたところで、何故か、横向きになっている個がいて、ベニシジミではなさそうだと思う程度で写してみたら、
d0313296_1664860.jpg

カメラのモニターでは、いくら拡大しても、裏翅が薄茶色であることしかわからず、えっ、う~ん、わからないなぁ、っと???でいたら、青い表翅を見せてくれました。
d0313296_1680100.jpg

え~~~っ!トラフシジミ!?
はい、肉眼で裏翅を確認できました。夏型のトラフシジミでした!!!
d0313296_16131494.jpg

トラフシジミの全開翅は初撮りでしたから、もう、嬉しいのなんのって。が、皮肉なことに、とうとう裏翅は撮影できませんでした。
d0313296_16162555.jpg

トラフシジミのきれいな青色も、角度によって見え方が違うことを初めて知りました。
柵の向こう側にいたので、近寄ることはできず、写真はかなりトリミングしてありますが、思いもかけず、トラフシジミと会えて、それも、春型のトラフシジミには、表翅のブルーをチラ見しかさせてもらえなかったから、全開翅を初撮りできて、超ラッキーでした!!!
by mikatanukibaba | 2013-06-24 16:22 | Comments(2)

メスグロヒョウモン♂ 2013初見 (6/18)

横浜市のゼフ公園の隣の区に行ってきました。思いもかけず、NIKONの望遠レンズVR 18-200を(期限?)借用できたので、試し撮りです。風邪は完治したものの、体力の回復はまだまだで、真夏日の気温にもなった日の午後からのお散歩だったので、林の中を歩くことにしました。
最初にモデルになってくれたのは、ヒカゲチョウでした。
d0313296_8374778.jpg

次は、ムラサキシジミ
d0313296_8402246.jpg

コジャノメが開翅を撮らせてくれました。(ノートリミング)
d0313296_8423658.jpg

林の中では、あまり蝶には会えないので、遊歩道も歩くことにしました。
明るい所で始めに写せたのは、カノコガ(?)でした
d0313296_844951.jpg

カワセミを撮影する三脚が並ぶ池の畔のベンチにメスグロヒョウモンの♂オスがいました。
d0313296_8475168.jpg

表翅も撮れました。
d0313296_849249.jpg

このベンチが美味しいらしく、だんだんと変な生物(私)への警戒心も薄れたようで、かなり近寄れました。
d0313296_8513468.jpg

メスグロヒョウモンの写真は、全てノートリミングです。
d0313296_8532775.jpg

秋にアザミで吸蜜するメスグロヒョウモンに会えるポイントに行ってみると、あら?赤いシジミが飛んでいます。
コナラの高い所の葉に葉に止まったので証拠写真しか撮れませんでしたが、ウラナミアカシジミでした。
d0313296_8565696.jpg

ちょっと離れた下の草の上にいた、翅が傷んでいて、色も薄れてしまったウラナミアカシジミにも会えました。
d0313296_8592555.jpg

新しいレンズは、これまで使っていた70-300の望遠レンズよりもピントが合うまでの時間が短いし、ピントが合うまでの伸縮時の音が無いし、被写体にかなり近寄れるので、これまでよりも、かなりシャッターチャンスが増えるかな、と嬉しくなりました。とりあえず使ってみてしまったので、これから、少しは説明書を見てみようかなと思います(^^;)
最後に、「こまめに水分を摂りましょう」というメスグロヒョウモンからのメッセージです(*^^*)
d0313296_9125130.jpg

by mikatanukibaba | 2013-06-19 09:12 | Comments(0)

オオミドリシジミ 2013初見&表翅初撮り (6/15)

午前10時には完全撤退しなければならない日でしたが、雨が止んだので、行かないわけにはいきません。がんばって、横浜市のゼフの公園に7時前に着きました。
すぐに、オオミドリシジミのポイントに行くと、二人の方が積み上げられた腐敗土と枝葉の山の上で撮影されていました。一人の方が私に場所を空けて下さったので、何とか登り、もう一人の方に居場所を教えてもらうと、おぉ、いました、いました!!
最初は、ほぼ目の高さで平行に止まっていて、撮影できない感じでしたが、ほんのちょっとだけ、青色を拝むことができました。
d0313296_2283867.jpg

この場所でテリ張りをしている個だそうで、飛んでも戻ってきてくれました。
d0313296_22111540.jpg

残っていた方がその場を離れた後も、もうちょっと、表翅の輝きを見せてくれないかなぁと、蚊に献血しながら、しばらく、その場で粘っていたら、またチャンス到来。
d0313296_22143244.jpg

じぃっとしていてくれたので、背伸びをしてみたりしました。
d0313296_22182129.jpg

なんとか、左右の表翅が撮れました。
d0313296_22234348.jpg

別の葉に止まった時は横からの姿を撮れました。
d0313296_22244227.jpg

2枚目以降の写真は、2倍サイズになるくらいにトリミングしてありますが、3年越しくらいで、やっと、下から見上げた裏翅だけではく、ブルーの表翅を見ること、撮ることができて、そして、また今年、この公園で平地性ゼフ6種と会えて、とってもハッピーな朝のひと時を過ごせました。
帰りがけに、蝶の写真展もじっくり拝見させていただき、プリントされた数々の蝶の美しさを堪能しました。明日で写真展が終わってしまうことに気づかずにいたので、間に合ってほっとしました。いろいろ勉強させていただきました。出展なさった方々、どうもありがとうございました。
by mikatanukibaba | 2013-06-15 22:43 | Comments(2)

ウラナミアカシジミ・ミドリシジミ 今季の最後? (6/11)

風邪がなかなか治らず、6月3日以降、撮影お出かけができずにいましたが、台風が近づいて空梅雨から本格的な(雨の降る)梅雨になるということだったので、頑張って、11日の朝、横浜市のゼフ公園に行ってみました。天気予報より早く雨が降り始め、絶望的ではありましたが、すぐに小止みになったので、とりあえず、そこここのポイントを見て回り、ルリシジミとかキチョウが飛び回るのを少々恨めしく眺め、まぁ、体力回復のためのお散歩と割り切っていたら、ウラナミアカシジミを見つけてくださった方がいらっしゃいました。
d0313296_0113325.jpg

傘を差すほど雨が降るときもあったので、一眼は持たず、コンデジだけを携帯。
今回は、CASIO EX-FH100で撮った写真です。
最後に、ちょいっと見かけて証拠写真も撮れなかったミドリシジミが気になって、その場所に戻ったら、ルリシジミに邪魔にされて飛び立った、小さなミドリシジミが止まった先を見つけることができました。
d0313296_0185079.jpg

雨は止んでいましたが、一向に翅を開いてはくれませんでした。
まだ、CASIOで撮ったミドリシジミをブログにアップしていませんでしたので、今季はもう会えないかもしれないから、お名残り惜しい気持ちを込めて、また、来年会えますようにという祈りを込めて、6月3日に会ったミドリシジミ開翅をアップしておきます。
d0313296_022263.jpg

by mikatanukibaba | 2013-06-15 05:00 | Comments(2)

キアゲハ 望遠で飛翔を追うと (6/3-⑥)

(6/3撮影分もやっと最終回となりました。)
朝、ミドリシジミがわんさか居た場所に、昼時はキアゲハがちょこまか飛んでいました。
d0313296_7483418.jpg

あんまり綺麗な個なので、望遠レンズで飛翔を狙ってみました。
d0313296_7504657.jpg

この赤と青の斑紋、なんて綺麗なんでしょう。
d0313296_7513975.jpg

飛翔撮影はなかなかピントが合いませんが、昼日中の日なたでとても明るかったので、なんとか、
d0313296_754451.jpg

狭い範囲をぐるぐる飛ぶなぁと思ったら、あらら、お腹を曲げて、産卵??
d0313296_755104.jpg

囲いの向こうだし、池の畔だし、で、卵の確認はできませんでした。
もっとも、良い条件下で卵を確認できても、撮影はできないでしょうけど(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-06-09 06:30 | Comments(2)

ルリシジミ 他7(+1)種 (6/3-⑤)

たくさんのゼフにも会えたし、他の蝶にもたくさん会えました。(会った順に)
ミズイロオナガシジミを撮っていた時に近くで開翅し、(飛んでいたところも裏翅も見れなかったので)ウラゴマダラシジミか?と惑わしてくれたルリシジミのメス♀
d0313296_6485617.jpg

オオミドリシジミのポイントで、まさに、昨年、オオミドリシジミがテリ張りをしていた樹上にいたルリシジミ
d0313296_6512367.jpg

下の蕗の葉におりてきて開翅したルリシジミのオス♂  ゼフにも負けないほど綺麗なブルーでした。
d0313296_655067.jpg

ベニシジミも、珍しく、見上げる所に居ました。
d0313296_6585128.jpg

珍しく、日当たりの良い蕗の葉に止まったサトキマダラヒカゲ
d0313296_712238.jpg

ルリシジミ、蕗の葉っぱに止まったら、影まで丸くなりました。
d0313296_744089.jpg

「一文字」が乱れたイチモンジチョウ
d0313296_753350.jpg

お花が咲くのを待ってられないキチョウ
d0313296_783251.jpg

ヒメジャノメの半開翅。表翅と裏翅の同じ位置に目玉模様があるのが不思議。
d0313296_712645.jpg

とっても綺麗な新生ウラギンシジミのオス♂
d0313296_7182589.jpg

キマダラセセリは2013初見(だったかな?)
d0313296_7205650.jpg

あっ、ブログに出すのが初めて、だったのかも。
d0313296_7222038.jpg

スジグロシロチョウか?と思った、目つきの悪い蛾
d0313296_724259.jpg

サトキマダラヒカゲがリボンみたいに
d0313296_7264549.jpg

ここの樹液、大人気でした。
d0313296_7274733.jpg

次に行ったら、ゴマダラチョウとか、違う種も樹液を吸いに来るかなぁ、来るといいなぁ、とは思いつつ、長引く風邪とイレギュラーな孫守りのため、いつ行けるか??なので、オオミドリシジミはすでに諦め気味です。
by mikatanukibaba | 2013-06-08 07:37 | Comments(0)

平地性ゼフ3種 ウラゴマダラシジミの表翅 (6/3-④)

ミドリシジミとミズイロオナガシジミの初見&撮影堪能に大満足だった上、他の3種にもちょこちょこ会えました。シロツメクサの所で、朝、出会ったアカシジミ
d0313296_840836.jpg

反対側に回っても撮れました。
d0313296_841586.jpg

昼に出会った個
d0313296_8415821.jpg

朝、ミドリシジミのポイントに居たウラナミアカシジミ
d0313296_8445792.jpg

午後3時頃、ミズイロオナガシジミが居た樹の反対側の畑の近くにいた個。背景の昼顔から地面に近い場所であることがわかります。
d0313296_8463762.jpg

昼前、珍しく、地面近くに居たウラゴマダラシジミ
d0313296_8514731.jpg

この個の開翅は、ボケてしまいました。大失敗写真でも、消去できないことって、あるんですよね。しばらくの間、地面近くをヨロヨロしていたこの個が、やっと飛んで、葉の上に止まった時の開翅だったからでしょうか。
d0313296_8555612.jpg

午後2時半頃、3人の方に撮られていた個
d0313296_93435.jpg

ちょびっと開翅
d0313296_971796.jpg

くるりと向きを変えてくれました。
d0313296_982362.jpg

さっきよりも開いてくれました。
d0313296_99391.jpg

ちょっと飛んで、やや日陰の葉の上に。たくさん開いてくれました。(トリミング)
d0313296_9111676.jpg

こちらからも、イイ感じですよ、と言われ、真正面に行かせてもらって撮ったら、ほんと、イイ感じ!!(トリミング)
d0313296_9133031.jpg

あぁ、ウラゴマダラシジミもこんなに綺麗なんだ、と思えた日となりました。
この日のゼフ以外の蝶に、しつこく、続きます(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-06-05 09:25 | Comments(0)