「ほっ」と。キャンペーン

三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オオムラサキの輪舞 (7/18-④)

あんまり暑いので、いつもオオミスジに会えるところまでは到底歩けないと諦め、電車で移動して、オオムラサキセンターに行きました。自然の中で会えるのも嬉しいけれど、観察施設の中で間近に会えるのもやっぱり楽しいです。
さきほどまで川沿いで多数飛び交っていて、たまに葉に止まるも、高い位置で撮影できませんでしたが、ここでは、撮影可能な位置の葉に止まってくれます。
d0313296_11154086.jpg

あちこちに設置されているメロンでお食事中の個たちは、だいぶ翅が傷んでいました。
d0313296_11174177.jpg

正面顔を狙うと、なんだか睨み返されたような感じです。
d0313296_11211528.jpg

メス♀のカブトムシが懸命にメロンに乗ろうとしている姿が可愛かったです。
d0313296_11243373.jpg

こちらのメロンでは、カブトムシがトンネルを掘っているかのようでした。
d0313296_1142507.jpg

たまに、オス♂もいました。
d0313296_11541139.jpg

こちらのオス♂は、悠々とお食事中。
d0313296_13214037.jpg

それにしても、メス♀は貫禄があります。
d0313296_1213058.jpg

おやっ、メロンよりも樹液の方が好きなのでしょうか。暗かったのでストロボ使ったら、こんな風になっちゃいました。
d0313296_13282062.jpg

で、ストロボ使用はやめまして、シャッタースピード1/100で頑張りました。
d0313296_13302654.jpg

あらら、蝶々がくるりと輪を描いた!?
d0313296_13342323.jpg

上の2頭もまるでバロックダンスを踊っているかのような動きを見せてくれたりしたので、オオムラサキのサークルダンスを見せてもらったような気分になりました。
d0313296_13401920.jpg

この時は9匹がMAXでしたが、後日、オオムラサキセンターのHPから館長さんのブログを見ていたら、もっと多数の「アマゾネス」の写真が載っていました。
施設内ではオオムラサキの他、綺麗なクロアゲハや
d0313296_13431376.jpg

ナミアゲハの交尾シーンが見られました。
d0313296_13442850.jpg

オオムラサキの交尾シーンで始まり、ナミアゲハの交尾シーンで終わった、充実の一日でした。
d0313296_1346627.jpg

充実といえば、今年からセンター内でたくさんの標本が見られるようになり、全国各地のオオムラサキの標本は圧巻でした。さすが、オオムラサキセンター。他にも、世界の蝶や甲虫等の標本がたくさん展示されており、生態展示もあったり、ヘラクレスオオカブトムシに触れたり、閉館時間が延長されていたり、屋外にはハンモックやら籐の椅子がぶら下げられていたり、昼食時間には自分でピザを作れる企画があったりと、とても楽しめるセンターに変わっていました。次回は(たぶん、来年になってしまうだろうけど)、もっと長い時間をかけて楽しみたいと思います。来年から小学生になる孫も連れて行ったら、夏休みの自由研究ができるかな(^^)
by mikatanukibaba | 2013-07-25 06:30 | Comments(2)

オオムラサキ と スポーツドリンク (7/18-③)

やっと、「ご馳走」にありついたキタテハには申し訳なかったけど、パスト連写で9頭のオオムラサキが翅を広げたところを撮れるかなぁと、CASIOを構えて「ご馳走」めがけて石を投げてみました。
石はよいところに落ち、一斉に飛び立ったけど、撮影は失敗。
戻ってきた個の開翅を狙うも、どうしても「ご馳走」も写ってしまいます。
d0313296_1105367.jpg

と、1頭が別の場所に止まってくれました。
d0313296_1165353.jpg

一生懸命にストロー(口吻)をせわしなく動かしていました。
d0313296_119156.jpg

そんなに吸いたいなら、とちょっと悪戯心が働き、「お近づきの印に一献」とスポーツドリンクを差し上げてみたら、(かなり強引にストローのそばに近づけました)、受けてくれました。(左手でCOOLPIXを使って撮影)
d0313296_1255838.jpg

日なたに連れ出したいと思い、ペットボトルの蓋に乗らないかなぁと脚に近づけたら、飛ばれてしまいました。そこで、今度は、「ご馳走」の隣にスポーツドリンクを置いてみました。
d0313296_1293451.jpg

「ご馳走」よりスポーツドリンクを選んだのは、この1頭だけ、でした。
d0313296_1305216.jpg

その1頭も、スポーツドリンクには すぐに飽きてしまったみたいでした。
d0313296_1314082.jpg

一献差し上げた個とこの個は、翅の傷み具合からみて別の個体のようなので、この2頭が「変な人工物」を飲まされて、お腹の調子でも悪くしないよう祈ります。(って、悪戯しておいて勝手な言い分ですが)
1リットル用意しておいた飲み物が、全行程の1/3も行かないこの場所までで かなり減ってしまったので、熱中症予防のため、先に進むことはやめて引き返すことにしました。途中、土の上にきれいなオオムラサキがいる、と思ってよく見たら、前翅が1枚あっただけでした。合掌
d0313296_1444781.jpg

ナナフシ君、道の真ん中にいたら踏んづけられちゃうよ!
d0313296_1474866.jpg

次回は、オオムラサキセンターでの出会いです。
by mikatanukibaba | 2013-07-24 06:30 | Comments(0)

9頭のオオムラサキ と キタテハ (7/18-②)

オオムラサキに人気のブロック(コンクリート?)塀のところに移動したら、ありゃりゃ、1頭もいない。ガーン。
やっぱり、予定の時刻に出発できず、現地到着が昼近くになってしまったし、この場所はすでに日陰に入ってしまっていたからなのかなぁ、と思っていたら、なぁんだ、もっと「美味しい」もののところに集まっていたのでした。
d0313296_17374411.jpg

よく見ると、9頭のオオムラサキの近くに、1頭のキタテハがいます。
d0313296_17394068.jpg

こんな距離関係でした。
d0313296_1741935.jpg

キタテハが、そぅっと距離を縮め始めました。
d0313296_1743985.jpg

ありゃりゃ、オオムラサキの翅に乗っかっちゃいました。
d0313296_174433100.jpg

乗られたオオムラサキは、少しも気にしていないようです。
d0313296_1746038.jpg

地面に下りてからも、なかなかご馳走にありつけません。
d0313296_17481857.jpg

やっとこさ、割り込ませてもらえました。めでたし、めでたし。
d0313296_1750428.jpg

by mikatanukibaba | 2013-07-23 06:30 | Comments(2)

オオムラサキ 2013初見 と 念願だったサプライズ (7/18-①)

山梨県のオオムラサキに会いに行きました。ここには年に1度のペースで訪れています。
今年は、これまでで1番、たくさんの数のオオムラサキと会えました。
最初に撮影できたのは、交尾シーン
d0313296_0195291.jpg

こんな場所でしたので、
d0313296_022267.jpg

こんなに近づくことができました。
d0313296_023206.jpg

こちらのペアは、成就しませんでした。
d0313296_0255937.jpg

たくさんいるのは嬉しいのですが、たくさんいるので、葉に止まってもすぐにテリトリー争いのために飛んでしまい、カメラを向ける暇もないほどで、飛翔を撮ることもあきらめました。次のポイントに移る前に見てみたら、30分経過していましたが、交尾続行中でした。
d0313296_0314642.jpg

次のポイントでも、たくさんのオオムラサキと会い、大いに遊んだので、次回にまとめます。
で、かれこれ2時間後に、この場所に戻ったのですが、まだ、交尾続行中でした。
d0313296_0344648.jpg

お名残り惜しくはありましたが熱中症になってはいけないと、その場を離れようとしたら、なんだか光るものが飛んできて、止まりました。えっ、ひょっとして、えっ、まさか、あ、あれ???
d0313296_0441266.jpg

おぉっ、こ、これが、ずぅっと会いたいと思っていたタマムシかぁ!!(2枚続けて、トリミング)
d0313296_0451825.jpg

なんてきれいなんでしょう!!!夢中で撮り続けました。が、光り輝く美しさを撮るのは難しい(--;)
d0313296_0471420.jpg

最後のシャッターは、なんと、飛翔をとらえていました。(ノートリミング)
d0313296_0515329.jpg

胴体、あっ、腹の部分っていうのかな、ピカピカの十円玉色をしていたんですね。初めて知りました。
小学生の夏休みの自由研究や博物館で標本しか見たことのなかった、いつか、生きているときの輝きを見てみたいとずぅっと思っていたタマムシに会えて、大感激!!でした。
大興奮の気持ちを抑えるため(?)、もう一度、交尾中のオオムラサキを見に行きました。
d0313296_058063.jpg

(1枚目の写真に よく見えている)合体部分に見える妙な色の物体は何なのでしょう?あぁ、また、調べることが増えちゃった(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-07-22 06:30 | Comments(2)

サカハチチョウ夏型 と ?なシジミ2種 (7/16)

サカハチチョウに会える(はずの)林道に行きました。
結果から言えば、3回、会えたけど、なかなか撮影させてくれず、この証拠写真しか撮れませんでした。
d0313296_0403642.jpg

この日の最初のモデルは、ルリシジミ♂
d0313296_0422968.jpg

すぐ近くにいた、こちらのルリシジミ♂は、なんだか、前裏翅の縁に近い紋が濃いというか大きいというか?
d0313296_0465826.jpg

せっかく裏翅が撮れたのに翅が痛んでいたイチモンジチョウや、撮らせてくれないクロヒカゲに少々がっかりしていた後に、モデルになってくれたのはコチャバネセセリでした。
d0313296_0541986.jpg

次のモデルは、ヤマトシジミ♂
d0313296_0574164.jpg

あれっ?おしりになにか糸のような物が??
d0313296_059549.jpg

全開翅も撮らせてくれましたが、やっぱり、糸状のものが気になります。
d0313296_111337.jpg

近くに♀もいました。
d0313296_133017.jpg

この他は、コミスジ・キチョウ・スジグロシロチョウに会ったくらいでしたが、3度くらい、大きくて綺麗な(たぶん)カラスアゲハの飛翔も目撃しました。
一輪だけ咲いていた、とてもよい香りを放っていた山百合や
d0313296_113396.jpg

思いもかけず、撮影しやすい場所で咲いていたイワタバコに会えたのが嬉しかったです。
d0313296_1153946.jpg

一度だけ、濡れた地面で吸水しようとしていたミヤマカラスアゲハを狙う機会がありましたが、落ち着いて吸水してくれなかったので、証拠写真しか撮れませんでした。
d0313296_1113698.jpg

後裏翅を撮ることができませんでしたが、肉眼では、「ミヤマ」の白帯は見えませんでした。
撮れなかったけど、邪魔な生物(私)を追い払いたいかのように、何度も目の前を行ったり来たり飛んでいたので、美しい青緑色の輝きを何度も見ることができ、とっても嬉しかったです。
おまけに、骸骨の紋付羽織袴姿のようなラミーカミキリと会えて、面白かった一日でした。
d0313296_1272712.jpg

by mikatanukibaba | 2013-07-20 06:30 | Comments(2)

モンキチョウ 産卵 キマダラヒカゲ他(7/2-③)

梅雨が明けたとたんの猛暑日連続5日間、いやはや、ほんのちょっと外に出たら、黒系アゲハが飛んでいるというのに、(昨日は、千葉市内で、孫のお迎えの時に、きれいなナガサキアゲハのメス♀と会ったのに、カメラを持っていなくて残念)、今日も撮影お散歩に出かけられず、うだうだ過ごしておりますが、やっと、先週の遠出の時の写真の編集も修了。
ツツジ鑑賞を楽しんだ後に出会った、モンキチョウの産卵シーン。
d0313296_15412760.jpg

反対側からも。
d0313296_15432138.jpg

オスもいました。でも、なんだか、傷んでいるというより、汚れているような個でした。
d0313296_15453173.jpg

リフトの乗り口近くでは、たくさんのモンキチョウが飛んでいて、求愛シーンが撮れました。
d0313296_15504579.jpg

メスが拒絶ポーズだったので、成就ならず。
d0313296_15521436.jpg

さてさて、同定に悩むキマダラヒカゲ、地蔵峠でたくさん会いました。この個は「ヤマ」かな?
d0313296_162576.jpg

おやおや、同定のポイントである後翅付け根の三つの斑紋のひとつが変ですよ、左の個。
d0313296_1685183.jpg

この個は「サト」かな?
d0313296_16182684.jpg

あ~、もう~、とりあえず、キマダラヒカゲです!てことで。
d0313296_16351067.jpg

さてさて、他に峠で出会ったのは、撮影モデルになってくれなかったアカタテハ。
d0313296_16453685.jpg

きれいなテングチョウ。
d0313296_1651815.jpg

老眼には1匹の生物に見えた、6匹の虫。
d0313296_1656522.jpg

検索したら、「ジュウジナガカメムシ」というカメムシのようですが、この6匹、どうして固まっていたのかしら?
とにかく、面白い!ってことで(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-07-11 17:03 | Comments(2)

ウラギンヒョウモン・ヤマキマダラヒカゲ・クジャクチョウ 2013初見 (7/2-②)

ホシミスジがいた場所の近くの 住宅地の空き地にいたウラギンヒョウモンです。
d0313296_10224941.jpg

やっとこさ、ウラギンヒョウモンと同定できる裏翅が撮れました。
d0313296_10263716.jpg

ツツジの群生場所では、ヤマキマダラヒカゲと会いました。
d0313296_1028616.jpg

あれっ?これは、サトキマダラヒカゲ(左)とヤマキマダラヒカゲ(右)のツーショット?
(YODAさんから、両方ともヤマキマダラヒカゲ、と教えていただきました。YODAさん、ありがとうございました)
d0313296_10301185.jpg

よほど、この場所が「美味しい」らしく、邪魔な生物を追い払いたかったのか、ぐるぐる体の周りを飛び回られてしまい、あるいは、この生物は美味しいか?と味見をしたかったのか、一度だけ腕に止まりましたが、お気に召さなかったのか、カメラを向ける前に飛ばれてしまいました。ヤマキマダラヒカゲって、こんな大きさだったかなぁ?と、都市公園にいるサトキマダラヒカゲより大きいなぁと思ってみていましたが、止まられた時、想いの外、ずしりと重みを感じ、たくましさも実感しました。
バスで通った峠を下っている途中では、たくさんのキマダラヒカゲと会いました。サトとヤマが交じっていましたが、ヤマの方が多かったのか、たまたま撮影したのがヤマばかりだったのか、???です。
d0313296_10433470.jpg

ガードレール、道路の白線、土止めのブロックでは、ブロックが一番人気でした。
d0313296_10445989.jpg

フタスジチョウがたくさんいた、牛の落し物に注意!の所で会った、警戒心の強いクジャクチョウも
d0313296_10524179.jpg

道路の白線にいた個は、
d0313296_10554698.jpg

ブロックに止まった時は、少しは近寄らせてくれました。
d0313296_10571959.jpg

バス乗車予定の50番バス停まで歩を急がせていた時に出会ったこの個は、翅の傷みがないようなので後翅のお目々も狙いたかったのですが、
d0313296_1131494.jpg

まぁ、午後4時を過ぎていたので、もう眼を閉じて眠ってしまったものとあきらめて、バスに乗り遅れないよう、必死で先を急ぎ、なんとか、バスが来る5分前にバス停に到着できました。ふぅ~
by mikatanukibaba | 2013-07-07 11:06 | Comments(4)

フタスジチョウ 生涯初見 ホシミスジ 2013初見 (7/2-①)

小海線に乗ってきました。
ちょっと途中下車した所でホシミスジに会いました。
d0313296_23135325.jpg

これまでまともに撮影できたことがなかったので、4頭がたむろしている所でじっくり撮影しました。
d0313296_23162317.jpg

しつこい生物に少し警戒心を緩めてくれたようで、これはノートリミングです。
d0313296_23231022.jpg

途中は晴れていたのに、目的の場所に着くと、靄だか霧だか、とにかくガスっていました。
が、晴れることを期待して登り始めると、おぉ、会いたかった、でも、ここで会えるとは思っていなかった、
フタスジチョウがいました。
d0313296_23305644.jpg

たくさんいました。
d0313296_2332756.jpg

d0313296_23331239.jpg

d0313296_23343512.jpg

この個は、裏も撮らせてくれました。
d0313296_2336448.jpg

あれ?この個は、ちょっと白斑が変?
d0313296_23381462.jpg

牛の落し物に気をつけねばならないこの場所では、ギンボシヒョウモンにも会えました。
d0313296_23411093.jpg

こんなにきれいに表翅を撮れたのは初めてです。
d0313296_23425982.jpg

たまに日が差し、すると、とたんにチョウが姿を現すので、歩を進めました。
ツツジを見に来た人の中で、私が(たぶん)ヤマキマダラヒカゲを撮影しているのをみていたのか、「看板に出ていた黄色い蝶々、そっちの方で飛んでるのを見たわよ」と教えてくれた女性がいました。が、期待に胸を膨らませたものの、見当たりません。悔しいので、その辺りで産卵シーンを撮ることのできた、「ミヤマ」ではない「ただの」モンキチョウだったのではないかしら?と思うことにしました。(次回にアップします)
そんな無念を慰めてくれたのが、このウグイスでした。枝葉に邪魔されずにウグイスを撮れたのは初めてです。
d0313296_23523375.jpg

by mikatanukibaba | 2013-07-02 23:22 | Comments(0)

7月のカレンダー (2012撮影写真)

今日から7月、ということで、2013蝶のカレンダーの7月です。
明日から4日間、JR大人の休日倶楽部パスを使って、あちこちに行ってみたいと思います。
(予定は未定。駅から徒歩か、バスで行ける場所をリストアップ中)
来年の7月のカレンダーに使える写真が撮れるとよいのですが・・・
d0313296_10482939.jpg

by mikatanukibaba | 2013-07-01 11:17 | Comments(2)