「ほっ」と。キャンペーン

三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花壇にいた蝶たち 10/8-② (2014) 

ボロボロの蝶たちと会った後、駐車場に近い花壇では、翅の傷んでいない蝶たちと会いました。
ウラナミシジミ
d0313296_23225559.jpg

モンキチョウ
d0313296_2325495.jpg

ヤマトシジミ オス♂
d0313296_23285416.jpg

ヤマトシジミ メス♀かな?(表翅を見られませんでした)
d0313296_23293396.jpg

チャバネセセリ ストロー(口吻が長いなぁ~)
d0313296_23343491.jpg

同じ個 後脚がだらんとしているor花を挟んでいる?姿が可愛い(^^)
d0313296_23335992.jpg

垣にもウラナミシジミがいました。
d0313296_23241496.jpg

逆光でしたが、反対側も撮ってみました。
d0313296_2325353.jpg

う~ん、ファインダーをのぞいた時は、縁毛が青く見えたのに、写っていませんでした(--;)

久々の蝶撮り散歩に、まぁまぁ、満足して帰宅後、夜の用事のために電車に乗ったら、
前に座っていた男性が、降車駅に着いたことに大慌てで気付き、勢い込んで立ち上がり、
前に立っていた私が、思わず、ちょっと右足の方に重心をかけたら、
その人の体重+抱えていた重たそうな鞄の重みが加速をプラスした足で、私の左足を「しっかりと」踏みました。あまりの痛さに「いった~い」と屈んだら、その人は「ごめんなさい、ごめんなさい」と言いながら、勢いよく降車していきました。
腫れて曲がらなくなった足指は、翌日のレントゲン診断では、骨折していない、との診断でしたが、
10日たった今も、腫れは少々ひいたものの、依然、曲がらず、ちょっと油断して普通に歩くと痛いので、指を地面につけて歩くことができず、情けないヨチヨチ歩き状態です。そんな私にも、ぶつかって歩く人がいるので、今日は、いよいよ、杖を持つことにしました。
やっと、お散歩を再開できた日に、また、お散歩ができなくなってしまいましたが、
まぁ、おいおい、リハビリもかねて、コンデジを持って、近隣の公園をお散歩したいと思います(^^;)
by mikatanukibaba | 2014-10-19 23:57 | Comments(0)

ボロボロの蝶たち 10/8 (2014)

10月に入って一つ目の大型台風、18号が過ぎ去った後の、横浜市内の公園に行ってみました。
今年は、会いはぐってしまったかなぁと思ったメスグロヒョウモンのメス♀に会えました。
d0313296_17494815.jpg

翅が傷んでいますが、とても大きな感じを受けました。(同じ個)
d0313296_17502832.jpg

オス♂は見かけず、ボロボロのミドリヒョウモンのオス♂がいました。
d0313296_1751776.jpg

かなり損傷の激しいヒカゲチョウがいました。
d0313296_17531595.jpg

ヤマトシジミのオス♂も
d0313296_17535725.jpg

ヤマトシジミのメス♀も(言い寄ろうと飛んできたオス♂はボケボケ)
d0313296_17554013.jpg

ツバメシジミのオス♂も
d0313296_1757473.jpg

台風のせいでボロボロになったわけではないのでしょうが、
きちんと整備されている菖蒲園がこんな姿になっていたので
d0313296_1804096.jpg

1週間後にやってきた台風19号の影響も心配になります。
人が歩く砂利道も、えぐられたように流された箇所が何ヶ所もあり、修復作業が大変だなぁと、
日頃、公園内の散歩を楽しめるのも、整備があってのことなんだなぁと改めて感謝したくなりました。
きれいな翅の蝶もいましたので、次回に。
by mikatanukibaba | 2014-10-17 18:06 | Comments(2)

阿蘇で出会った蝶 9/28 (2014)

宿泊した宿から最寄りの赤水駅から阿蘇駅に移動し、阿蘇山西駅までバスに乗りました。
朝一番のバスで、乗客は20名程度でしたが、なんと、日本人は私だけ?という、少なくとも、4ヶ国語が聞こえてくる車内でした。
残念ながら、危険度レベルが上がっていて、ロープウェイには乗れず、プロジェクションマッピングで映像を楽しめる「阿蘇スーパーリング」を観た後、草千里までの遊歩道を歩きました。
火山灰の土壌には、大きな樹木はなく、牛がのんびりしているところを、そろぅっと通り過ぎると、
キアゲハと会いました。
d0313296_1444968.jpg

翅は傷んでいましたが、なんだか、黒々としている感じを受けました。
ススキが多くなってきたところでは、キタテハと会いました。
d0313296_1465795.jpg

イチモンジセセリに見えたセセリやキチョウは撮れませんでした。
草千里という名の通り、広々とした光景と、もくもくと立ち上がり続ける噴煙を楽しんでいたら、
d0313296_14222232.jpg

乗馬のできるところにいた馬のお尻にハートを発見
d0313296_14125397.jpg

この後は、阿蘇駅内のレストランでランチしたくて、火山博物館にも入館せずにバスで降りたのですが、あいにく、レストランは「本日貸切」
でも、予定していた電車の1本前に「あそぼーい」という特急があり、豪華なランチをする分の予算を特急に回して、とっても楽しくて面白い「あそぼーい」の車両を満喫しました。
熊本駅から「しろめぐりん」バスに乗り、熊本城では、天守閣から「くまもん」ビルを眺めたり、時代劇そのものの本殿大広間に圧倒されたり、特別公開中の櫓ふたつも見学できました。
2泊3日の九州旅行は、どこも、「もっとゆっくり」過ごしたい場所ばかりでした(^^;)

阿蘇に行った日の前日に、御岳山が噴火し、
10月に入って、ふたつの大型台風に直撃され、
今朝(10/15)は、「御岳山に初冠雪」「阿蘇で初霜」と報道されました。
東日本大震災の後も、我が家は何も防災対策をしていませんでしたが、
先週、ちょっと、足に怪我をして、買い物もしんどくなり、空に近くなった冷蔵庫を眺めながら、
そろそろ、真面目に、東海大地震に備えなきゃなぁ~、と思っています。
by mikatanukibaba | 2014-10-15 14:48 | Comments(0)

別府公園で会った蝶 9/27 (2014)

九州(大分)二日目の午前中は、日本初のバスガイドさんの七五調の案内の聞ける、亀の井バスの別府地獄めぐりに乗り、別府駅前の店での昼食後、阿蘇に移動するための電車まで時間があったので、別府公園に行ってみました。とても整備の行き届いた公園でしたが、花壇は少なく、でも、きれいな
モンキアゲハと会えました。
d0313296_19263724.jpg

ボロボロの黒いアゲハは、ナガサキアゲハのオス♂でした。
d0313296_1929883.jpg

前翅の基部の赤斑が撮れた証拠写真
d0313296_19295588.jpg

後翅の基部の赤斑が撮れた証拠写真
d0313296_19344114.jpg

公演を出てすぐの大きな道路の沿道の花壇では、ヒメアカタテハと会いました。
d0313296_19365860.jpg

同じ個を 違うお花で撮れました。
d0313296_19374614.jpg

しつこく追い続け、同じ個の裏翅も撮れました。
d0313296_19385776.jpg

この後、九州横断特急に乗って阿蘇の方に移動しました。
by mikatanukibaba | 2014-10-11 19:41 | Comments(2)

高崎山で会った蝶 9/26 (2014)

初めての九州旅行の最初は、高崎山自然公園。
入口で出会ったウラギンシジミ
d0313296_6543450.jpg

台風16号が去った、平日の晴れの日、ということで、
のんびり居眠りしたり、毛づくろいをする、警戒心のないサルたちと、
今年生まれた、120匹以上の子ザルが少しもじぃっとすることなく遊ぶ姿に、
ホモサピエンスが近くを歩いても、一向に構わないので、踏まないように気を付けながら、
飽くことなく、シャッターを切り続けました。
なので、蝶の写真は、この ヤマトシジミ だけ(^^;)
d0313296_734519.jpg

おサルたちに後ろ髪を引かれながら、水族館「うみたまご」のショーの時間に間に合うように移動。
線路脇に蝶のいそうな空き地があったので、ちょっとだけ寄り道したら、
ヒメウラナミジャノメがいました。
d0313296_710975.jpg

ベニシジミがモデルになってくれて、
d0313296_7124862.jpg

偶然のツーショット
d0313296_7133566.jpg

あれっ?尾状突起とまではいかないけど、ずいぶん尖ってる?
d0313296_715648.jpg

夏型のきれいな個でした
d0313296_717920.jpg

あと、見かけたのは、アオスジアゲハとモンキアゲハと、私の眼にはジャコウアゲハのオスに見えた黒系アゲハ、それと(たぶん、キタ)キチョウ、でした。
by mikatanukibaba | 2014-10-07 07:22 | Comments(0)

10月のカレンダー (2014)

10月は、♪赤や黄色の色さまざまに~ の紅葉の季節にちなんで、色々のタテハの仲間特集
d0313296_1431441.jpg

ツマグロヒョウモン雌雄(上がオス♂・下がメス♀) 
d0313296_136583.jpg

メスグロヒョウモン メス♀ 
d0313296_1383590.jpg

ミドリヒョウモン 裏翅
d0313296_139273.jpg

キタテハ
d0313296_1401223.jpg

ヒメアカタテハ
d0313296_1403940.jpg

アカタテハ
d0313296_1405988.jpg

ルリタテハ
d0313296_14149100.jpg

by mikatanukibaba | 2014-10-01 06:00 | Comments(0)