三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

8月のカレンダー 2016

d0313296_1163741.jpg


クロシジミ 
d0313296_1175933.jpg

ベニシジミ
d0313296_1184932.jpg

ゴイシシジミ
d0313296_1193144.jpg

トラフシジミ 春型
d0313296_1201078.jpg

トラフシジミ 夏型
d0313296_1205294.jpg

ゴマシジミ
d0313296_1212676.jpg

クロシジミは、アブラムシが付くクヌギ、コナラ、ススキなどに産卵、幼虫はアブラムシの甘露を
食物とした後、クロオオアリの巣に運ばれ、アリにより給餌される。
ゴイシシジミの食餌は、純肉食性で、タケ・ササ類に付くササコナフキツノアブラムシ、タケノアブラムシなど。
ゴマシジミは、【食草】ワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、カライトソウ、ミヤマワレモコウ(バラ科)。終齢幼虫はシワクシケアリの巣に運ばれ、シワクシケアリの卵や幼虫を食べる。
と、「フィールドガイド 日本のチョウ」にあります。

今年も、会いに行けませんでしたが、
キマダラルリツバメは、サクラ、マツ類、クワ、キリ、カシワなどに巣を作るハリブトシリアゲアリの口移し物など。と、あります。

チョウの幼虫は葉を食べる、ゴイシシジミだけは肉食、としか知らなかった私には、「へぇぇ~」な生態のチョウたちです。それと、アリの種類や長い名前にもビックリ。

あっ、カレンダーのベニシジミとトラフシジミの春・夏型の写真は、
シジミチョウでレイアウトをまとめるために使いました(^^;)

膝下の傷口は、きれいに塞がりましたが、しばらく膝を曲げられなかったことで衰えてしまった筋力回復と膝の屈伸のリハビリが長引きそうです。
でも、トレッキング用の靴を新調したので、そろそろ、カメラを持って歩き始めようと思っています(^^)/
# by mikatanukibaba | 2016-08-01 06:00 | Comments(0)

7月のカレンダー 2016

d0313296_1454753.jpg

新宿から深夜高速バスに乗り、高山蝶のオオイチモンジ♂とやっと会えました
d0313296_14552383.jpg

一昨年は、空振りでしたが、
昨年は、ちゃんと情報をいただいて、だったので、初見が叶った上、
私の膝に止まって口吻を伸ばしてくれました
d0313296_14554823.jpg

高山蝶のミヤマシロチョウも初撮りできました
d0313296_1456261.jpg

普通種のイチモンジ
d0313296_14574343.jpg

でも、ちょっとだけ「アサマイチモンジ?」と悩ませてくれた個です
d0313296_14583313.jpg


もう7月、
先月に負った膝下の裂傷の完治と
オオイチモンジのメス♀に会いに行くタイミングが合うかどうか、
今は、ただ、ただ、膝を曲げないようにして、おとなしくしております。
# by mikatanukibaba | 2016-07-01 15:09 | Comments(0)

6月のカレンダー 2016

d0313296_103830.jpg

平地性のゼフィルス6種
ウラナミアカシジミ
d0313296_105978.jpg

アカシジミ
d0313296_1061152.jpg

ミズイロオナガシジミ
d0313296_107311.jpg

オオミドリシジミ
d0313296_108296.jpg

ウラゴマダラシジミ
d0313296_109146.jpg

ミドリシジミ
d0313296_1094310.jpg

ミドリシジミ メス♀ B型
d0313296_1011035.jpg

ミドリシジミ メス♀ O型
d0313296_10113415.jpg

今年は、まだ、アカシジミとしか会っていません(--;)
うぅ、来年のカレンダーは、今年1年に撮った写真だけでできるのかしら?
蝶のカレンダーを作るようになって、2017年は10作目になるから、
今年は、これまでのデータ整理をする年にして、10年間に撮り溜めた蝶を整理してみようかな。
って、これまで整理していないのがバレバレ(^^;)
# by mikatanukibaba | 2016-06-01 10:25 | Comments(0)

5月のカレンダー 2016

d0313296_19374281.jpg


卯の花(うつぎ)は、『夏は来ぬ♪』で歌われる、初夏の花。
蝶たちに大人気の吸蜜花です。
アオバセセリ
d0313296_1939173.jpg

サカハチチョウ
d0313296_19395893.jpg

アオスジアゲハ
d0313296_19404016.jpg

ホシミスジ
d0313296_19455243.jpg

クモガタヒョウモン
d0313296_1943595.jpg

オナガアゲハ
d0313296_1943273.jpg


今年は、花も蝶も「早い」そうで、
なのに、ギフチョウに会いに行った後は、先日、ようよう、アオバセセリに会いに行ったきり、です。(でも、このカレンダーの、昨年撮った方がきれいに撮れてました)
あぁ、コツバメにもトラフシジミ春型にも会っていないし、ツマキチョウも撮れていません。
来年の蝶のカレンダー、作れるかしら???
# by mikatanukibaba | 2016-05-01 06:00 | Comments(0)

ギフチョウ 貴重な晴れの日 4/6 2016

d0313296_2055481.jpg

やっと、今年初の蝶撮り散歩に出かけられました。
今週は、たった一日しか晴れの天気予報の日がなく、
誰に会いに行くか、ちょっとは迷いましたが、
やっぱり、ギフチョウに会いに行きました。
貴重な晴れの日を逃したくない人間がたくさんいました。
それぞれ、ギフチョウに止まって欲しい花のそばで待ち構えています。
なかなか止まってくれないギフチョウの飛ぶ姿を恨めしく見ながら奥まで歩いていったら、
枯れ葉の上ではありますが、撮らせてくれる個が現れました。
d0313296_2122329.jpg

残念ながら、翅が少しばかり、枯葉の影の下に。
d0313296_21362337.jpg

でも、とりあえず、撮れたので、
寝坊してしまい、撮影フィーバー時間を過ぎてしまったかなぁ、と心配でしたが、
頑張って出かけてきてよかったぁ、とホッとしました。
さぁ、会えたし、撮れたし、次は、お花とのコラボを撮りたいなぁ、と期待しながら少し戻ると、
数人の方が、ギフチョウが訪れるのを待っていた、
きれいなスミレ(のステージ)を一歩越えた時、ギフチョウが現れ、歩をすぐに止めました。
なんと、そのスミレに止まりました。
さぁ、スミレは私の足元です!
私が動いてギフチョウが飛んで行ってしまったら「えらいこっちゃ」「恨まれるぅ~」と思い、
ただ、ただ、じぃっとしていて、私は、シャッターチャンスを逃しましたが、
待ち構えていた方は、とても素晴らしい「スミレとギフチョウ」を撮ることができていました。
ふぅ、よかった、よかった!!

さて、今年は、もう、ツツジが満開で、何度か、シャッターチャンスをくれる個がいました。
d0313296_2145773.jpg

まぐれで、飛翔も写っていました。
d0313296_21454169.jpg

水仙の花が好きな個もいました。(民家のお庭の水仙で近寄れず、証拠写真です)
d0313296_21484015.jpg

満開の豆桜の方に戻ると、たくさんの方が、地面近くで、羽化したばかりでじぃっとしている個を撮っていました。
d0313296_2158274.jpg

少ししか飛べない個で、裏翅も撮らせてくれました。
(手前にあった草をどけて下さった方、ありがとうございました。)
d0313296_222849.jpg

もうちょっと「絵になる」場所にお連れして下さった方がいて、
d0313296_21133962.jpg

ほんのちょっと移動してくれて、尾状突起まで、ちゃんと撮らせてくれました。(最初の写真)
何故、飛べないんだろう、と心配しつつも、長時間、モデルになってもらっちゃいました。
d0313296_2210142.jpg

最後は、少し飛べて、皆で、「メス♀が出てくる頃にはもっと飛べるようになりそうだね」
と安堵しました。
ん?
来週も、メス♀に会いに、お出かけすることになるかな??
テングチョウと ミヤマセセリのオス♂と スギタニルリシジミは撮ったけど、
コツバメとトラフシジミ春型とは、まだ会っていないし、
あぁ、今度の晴れの日は、どこへ行こう???
シーズンが始まると、悩ましいですね(^^;)
今日、現場でお会いした方々、ありがとうございました(^^)/
# by mikatanukibaba | 2016-04-06 22:20 | Comments(0)