三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

昨年のギフチョウ (2012)

昨年の神奈川県のギフチョウの写真ですが、すべて「曇天」で撮ってありました。今年は、先日、「晴天」で撮ったので、比較してみようと思います。

昨年は梅の開花が遅く、4月上旬に満開となりました。
d0313296_0113848.jpg


この日は、ほぼピーカンで、青空とのコラボも撮れました。
d0313296_0123962.jpg


スミレの花では、この1枚しか撮れませんでした。
d0313296_0175791.jpg


オオイヌノフグリでは吸蜜していませんでした。
d0313296_0195573.jpg


馬酔木の花も満開でした。
d0313296_0222423.jpg


この写真だけノートリミングです。
d0313296_0374571.jpg


民家の花壇のヒヤシンスでの吸蜜
d0313296_0242631.jpg


同じく、花壇のカタクリでの吸蜜
d0313296_0262382.jpg


カタクリの花が日陰の中だったので、かなりシャッタースピードを遅くして撮りました。
d0313296_0343287.jpg


自作の蝶のカレンダー2013年2月には、この日に撮ったギフチョウの写真をチョイスしました。
d0313296_0422956.jpg


やっぱり、「曇天」は実際の色よりも濃い目の色になっていますね。カレンダー用に使う(=プリントアウトする)時は、編集での明度をやや明るめしています。(カレンダーの画像は、プリントアウトしたのをスキャンしたものなので、実際よりもさらに明るくなっています)
次にギフチョウを撮る機会があったら、「オート」を使ってみるつもりです。「晴天」と「オート」で撮ったものは、プリントアウトする時の明度調整が楽になりそう、かな(^^;) いやいや、それよりも、カレンダーで使えそうな写真が撮れるかどうかの方を心配しなければ、でした。
# by mikatanukibaba | 2013-04-03 06:30 | Comments(2)

ギフチョウ (3/27)

神奈川県のギフチョウに会いに行きました。
午前9時に現地到着。
テングチョウ・ミヤマセセリ・スギタニルリシジミに目を奪われていると(撮影させてくれない個たちばかり)
おぉ、現れました、ギフチョウ!!
でも、止まってくれません。
お隣のポイントに行くと、スミレのステージを整えてギフチョウを待っている人がいたので、ご一緒させていただきました。

9:55 に現れた個
d0313296_2192236.jpg


10:04 に現れた個
d0313296_21111425.jpg


スミレの蜜は奥の方にあるのかな?ギフチョウのストローが短いのかな?こんなにお顔を突っ込んでいます。
d0313296_21115760.jpg


ちょっと待てば、けっこう姿を現してくれるのですが、止まってもすぐに飛んでしまうので、なかなか撮らせてもらえません。
(スミレのステージを整えていた方は、止まらない個にもシャッターを切っていたので、すいぶん撮っておられました。私もパスト連写でトライしてみようと思ったら、えっ、メモリー残量なし!!あぁ、お花見でたくさん撮っちゃってたんだった。そんなに酔ってなかったのになぁ。点検不足でした。)
ちょっと立ちんぼうに疲れてきたので、ちょこっと歩いたら、コツバメに遭遇(11:04)
d0313296_2115688.jpg


11:27 に現れた個 (この写真だけ、ノートリミングです)
d0313296_2118566.jpg


不思議なことに、12:00にお昼のチャイムが鳴ったら、ピタッと現れなくなりました。
最初のポイントでミヤマセセリのリベンジにトライするも、またもや、おちょくられっぱなしで撮影ならず。
スミレのステージに戻ったら、ご夫婦でいらしていた方が、「3頭、来てたのよ」と教えてくださったので、
あと1回、撮影できるまで粘ろうと覚悟を決めたら、
13:05 に現れた個は、たくさんシャッターを切らせてくれました。
d0313296_21354584.jpg


裏翅も撮れました
d0313296_21365274.jpg


ようやく、スミレのステージで撮れました
d0313296_21383153.jpg


撮れた写真は少ないし、ピントはあまいし、満足のいくものはありませんでしたが、でも、たくさん会えたので、とても楽しい一日でした。帰路の途中で寄った「かたくりの里」では、カタクリの花がたくさん咲いていて見頃でしたし、入口のところで、隣の畑から採ったばかりのほうれん草と長ネギを安く買えたので、さらにハッピー!!
# by mikatanukibaba | 2013-03-28 21:56 | Comments(14)

ヤマトシジミ・ベニシジミ・他 (3/22)

ミヤマセセリにはおちょくられた日(3/22)でしたが、今年初見の新生蝶ヤマトシジミとベニシジミや3月6日に2013の蝶撮りを開始してからちょこちょこ会ってきたキタテハやテングチョウがモデルになってくれました。

ヤマトシジミ♂
d0313296_1217397.jpg

d0313296_11563058.jpg


ヤマトシジミ♀
d0313296_1218543.jpg

d0313296_11585235.jpg


とっても小さいヤマトシジミ、可愛いお顔をかろうじて撮れたのは、この一枚だけ
d0313296_1221769.jpg


ベニシジミも、春はとっても小さくて、撮るのがたいへん
d0313296_12241072.jpg

d0313296_1225495.jpg


キタテハ
d0313296_12355438.jpg


テングチョウ♂  オオイヌノフグリの花とのコラボは初撮り
d0313296_12375392.jpg


テングチョウ♀
d0313296_12401441.jpg


テングチョウ 後翅裏の「枯葉」模様が素敵だった個
d0313296_1242413.jpg


テングチョウは、これまで雌雄を気にしたことがありませんでしたが、前翅表の「金魚」のような模様のところに違いがあることを、「フィールドガイド 日本のチョウ」で お勉強しました!
# by mikatanukibaba | 2013-03-25 12:54 | Comments(8)

ミヤマセセリ に おちょくられ (3/22)

さぁ、今日はミヤマセセリに会いに行くぞ、と張り切りながらも家を出たのが遅くなってしまい、途中、渋滞もあって、目的地に着いたのがお昼前。すでに気温は高く、2~3頭のミヤマセセリが飛び回っているポイントを見つけたものの、待っても待っても止まってくれず、止まってもほんの一瞬で、やっと撮れたのがこの1枚。
ピントがいまいちだし、翅の開きが少なくて、残念。(12:58)
d0313296_233234100.jpg


他の場所にも行ってみようと、咲き始めている、というカタクリの花を観に行って、
また、ポイントに戻る途中に会った個も1枚だけ写させてくれたけど、翅を広げてなくてがっかり。(15:11)
d0313296_23411073.jpg


戻ったポイントでは、もう姿を見られなくなってしまったので、本日はここまでか、と駐車場に戻ろうとしたら、
「どや顔」をしているようなルリタテハがいたので、モデルになってもらい、
d0313296_23501720.jpg


ちょっと離れた場所のルリタテハにもモデルになってもらって、
d0313296_23531634.jpg


駐車場に戻ろうとしたら、渡ろうとした木道のど真ん中に止まったのがいて、そこらじゅうで見かけたテングチョウだろうとは思いつつ、回り込むこともできず、とりあえず写してみたら、
え~~~っ、ミヤマセセリ??!!(15:42)
d0313296_01578.jpg


最後の1枚もボケていたし、最後の最後にミヤマセセリに「あっかんべー、また、おいで」とおちょくられたような気がして、なんだか悔しくて、ルリタテハの逆光も撮ってしまいました。
d0313296_062750.jpg


でも、初見だったヤマトシジミとベニシジミにもたくさん会えたし、いろんなスミレがたくさん咲いていたし、ここのカタクリの花は、これまで観てきた中で一番色が濃くて、花も大きかったので、楽しい一日でした。
# by mikatanukibaba | 2013-03-23 00:10 | Comments(4)

コツバメ 飛翔(2012撮影)

昨年、一昨日と同じ場所で撮影したコツバメです。
CASIO EX-FH100のパスト連写で撮れました。
d0313296_12344844.jpg

d0313296_12361220.jpg
d0313296_1237136.jpg
d0313296_1238435.jpg


この4枚を(自作の)2013蝶のカレンダー3月に使いました。
(家のプリンターでプリントしたものをスキャンした画像です)
d0313296_1244525.jpg


カレンダー内の他のコツバメ3枚はこちら

d0313296_12511012.jpg


d0313296_12521936.jpg


d0313296_12531492.jpg


昨年4月に発行された「フィールドガイド 日本のチョウ」と照らし合わせてみたら、
どうも、飛翔を撮らせてくれたのは♂で、②の写真の個で、
①は別の個でひょっとして♀なのかなぁ? と思いました。
(この時、この場所では、この2匹としか会えなかったのです)
③は、狙って撮ったわけではありませんが、ほんの少し、表翅の青い輝きが写っていて嬉しかった1枚です。

今日は、「タグ」を付けてみたかったので、昨年のコツバメを投稿した次第です。
今年、また、コツバメに会える機会があるかどうか、わかりませんものね(^^;)
# by mikatanukibaba | 2013-03-21 13:15 | Comments(2)