三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ウラナミシジミ ( 6 ) タグの人気記事

苦肉の策

d0313296_9191578.jpg

d0313296_9193735.jpg


来年の蝶のカレンダー、記念すべき第10作目なのに、今年はあまりにも撮影に行く機会が少なく、
どうしたもんよのう
と、ずぅっと頭を悩ませておりましたが、
昨日(12/17)、ウラナミシジミをスマホで撮り、
「そうだ、この10年間にスマホで撮れた蝶の写真特集版にしよう」と決めました!
さてさて、年明けまでに、間に合うことやら(^^;)
by mikatanukibaba | 2016-12-18 09:27 | Comments(0)

花壇にいた蝶たち 10/8-② (2014) 

ボロボロの蝶たちと会った後、駐車場に近い花壇では、翅の傷んでいない蝶たちと会いました。
ウラナミシジミ
d0313296_23225559.jpg

モンキチョウ
d0313296_2325495.jpg

ヤマトシジミ オス♂
d0313296_23285416.jpg

ヤマトシジミ メス♀かな?(表翅を見られませんでした)
d0313296_23293396.jpg

チャバネセセリ ストロー(口吻が長いなぁ~)
d0313296_23343491.jpg

同じ個 後脚がだらんとしているor花を挟んでいる?姿が可愛い(^^)
d0313296_23335992.jpg

垣にもウラナミシジミがいました。
d0313296_23241496.jpg

逆光でしたが、反対側も撮ってみました。
d0313296_2325353.jpg

う~ん、ファインダーをのぞいた時は、縁毛が青く見えたのに、写っていませんでした(--;)

久々の蝶撮り散歩に、まぁまぁ、満足して帰宅後、夜の用事のために電車に乗ったら、
前に座っていた男性が、降車駅に着いたことに大慌てで気付き、勢い込んで立ち上がり、
前に立っていた私が、思わず、ちょっと右足の方に重心をかけたら、
その人の体重+抱えていた重たそうな鞄の重みが加速をプラスした足で、私の左足を「しっかりと」踏みました。あまりの痛さに「いった~い」と屈んだら、その人は「ごめんなさい、ごめんなさい」と言いながら、勢いよく降車していきました。
腫れて曲がらなくなった足指は、翌日のレントゲン診断では、骨折していない、との診断でしたが、
10日たった今も、腫れは少々ひいたものの、依然、曲がらず、ちょっと油断して普通に歩くと痛いので、指を地面につけて歩くことができず、情けないヨチヨチ歩き状態です。そんな私にも、ぶつかって歩く人がいるので、今日は、いよいよ、杖を持つことにしました。
やっと、お散歩を再開できた日に、また、お散歩ができなくなってしまいましたが、
まぁ、おいおい、リハビリもかねて、コンデジを持って、近隣の公園をお散歩したいと思います(^^;)
by mikatanukibaba | 2014-10-19 23:57 | Comments(0)

メスグロヒョウモン 3週間分 (第3回目 10/3)

前回から9日後のこの日、やっと、たくさんのメスグロヒョウモンのメス♀に会えました。
この個は、一番「黒く」撮れました。
d0313296_6152929.jpg

でも、どうしてこんなにメスグロのメス♀を「追っかけ」るのかというと、翅の角度によって見え方の変わる「青」に魅せられているからです。
d0313296_6221883.jpg
d0313296_6224629.jpg
d0313296_6233270.jpg

残念ながら、前回の1枚目よりも「綺麗な個を綺麗に」撮ることはできませんでしたが、今年は(レンズを変えたので)かなり接近して撮ることができました。
d0313296_63068.jpg
d0313296_6304524.jpg

青空を玉ボケに
d0313296_6365158.jpg

ツーショット
d0313296_6384739.jpg
d0313296_6393344.jpg

スリーショット
d0313296_6413375.jpg
d0313296_6415378.jpg

オス♂は、かなり数が減っていた上、翅の傷みのひどい個ばかりでした。メス♀がこんなにたくさんいるのに、どうしてオス♂は吸蜜しているばかりで、メス♀に求愛しないのかなぁ?とじりじりしていたら、もう一つのアザミのポイントの地面近くに「三角関係か?」という感じに見えた3頭がいました。シャッターを切った瞬間、ペアが飛び立ちました。
d0313296_6475029.jpg

このペアは、どんどんどんどん高く飛んで行き、メス♀がとても高い位置の葉上に止まるのは確認できましたが、オス♂はどこかに消えてしまいました。
この日、一番、翅の傷んでいなかった個です。
d0313296_6562552.jpg

オス♂もそうでしたが、アザミの花で吸蜜している個たちは、アザミのとげとげで翅を痛めてしまうのかなぁ~、と思ったので、来年は、観察してみようかしら。あっ、たぶん、そういう忍耐力はないから無理かな(--;)
さて、花壇にはウラナミシジミがたくさんいたので、飛翔を狙ってみました。(手持ち望遠で)
d0313296_7124055.jpg

d0313296_7141747.jpg

d0313296_71346.jpg

d0313296_7144773.jpg

一番開いた翅がややピンボケで、ちょっとがっかりですが、尾状突起近くの黒点が撮れたので(^^)v
お気に入りは、やっぱり止まっていた時に撮ったものでした(^^;)
d0313296_7153484.jpg

今季初のヒメアカタテハです。
d0313296_721183.jpg

飛び移ってばかりの個でしたが、コスモスで、やっと落ち着いてくれました。
d0313296_7225259.jpg

でも、警戒心が強い個で、この場所に「逃げた」後は、コスモスには戻ってくれませんでした。
d0313296_7243694.jpg

花壇の中のツマグロヒョウモンのオス♂
d0313296_7261151.jpg

メスグロヒョウモン編と花壇編に分けるべきだったかな(^^;)
でも、これで区切りがついてスッキリしたから、今日は新たな気分でお出かけしてみよっと(^^)/
by mikatanukibaba | 2013-10-08 07:34 | Comments(0)

ウラナミシジミ 開翅 (9/19-①)

孫の幼稚園のそばの千葉市内の公園の彼岸花は、まだ開花していませんでした。でも、花壇で蝶と遊べました。
まずは、ウラナミシジミが駐車場脇の花壇にいました。
d0313296_9574843.jpg

この花がお気に入りのようで、花から花へ飛び移るだけで、ずぅっと花壇にいてくれたので、開翅を狙ってみました。
d0313296_1014644.jpg

なかなか左の表翅が撮れません。
d0313296_101910.jpg

もうちょい
d0313296_1022991.jpg

ふう、やっと1回だけ開いてくれました(^^)/
d0313296_1034513.jpg

赤い車が止まっていたので、背景にしてみました。すっかり撮影モデルになってくれたので、パシャパシャ撮らせてもらいました。
d0313296_1061721.jpg

ヤマトシジミは、開翅してくれませんでした。
d0313296_101088.jpg

公園内を歩き回っている間は、あまり蝶と会いませんでしたが、ルリシジミを逆光で撮るチャンスがあったので、青く輝く外縁を狙ってみました。
d0313296_10165072.jpg

花壇に戻ると、黒系アゲハを撮るチャンスがたくさんありました(次回に)
最初にウラナミシジミと遊んだ花壇で、帰り際にもウラナミシジミと会えました。
d0313296_10192047.jpg

最初の個とは別の個のようです。また、赤い背景で撮りまくりました。
d0313296_10421862.jpg

ちょっと風があったせいか、まったく開翅しませんでしたが、尾状突起が風になびくので、交差する尾状突起が撮れました(^^)
d0313296_1020758.jpg

by mikatanukibaba | 2013-09-22 10:33 | Comments(2)

ウラナミシジミ 他 (9/12)

孫家族の引っ越しの合間に、千葉市内の公園に行ってきました。
猛暑がぶり返していたので、朝のうちだけ、とは思って出かけましたが、9時にはすでに暑くて、2時間弱でささっと、ざっと公園を回って終わりにしましたが、歩き始めたときにはイチモンジセセリくらいにしか会えなかった花壇に、帰りはベニシジミ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、アゲハ、そして、ウラナミシジミがいました。
d0313296_14345949.jpg

花壇への水やりホースのそばで吸水するウラナミシジミ(↑と同じ個)
d0313296_14374091.jpg

水をかけてもらい活き活きとした花で吸蜜に「集中」していたツマグロヒョウモンは、こんなに輝いていました
d0313296_14403742.jpg

お花に負けない鮮やかさのベニシジミ 裏翅
d0313296_14421234.jpg

ベニシジミの「黒んぼ大会」があったら、優勝しそうな個もいました
d0313296_1445425.jpg

キアゲハか?と思うほど黄色の強い(ナミ)アゲハとも会いました
d0313296_14471474.jpg

翅に痛みのない個で、少し降りてきてくれたのを必死で追いかけましたが、逆光のため、濃い黄色が撮れませんでした
d0313296_1449439.jpg

花壇でモデルになってくれた個は、左の尾状突起がないのが残念、でも、綺麗でした
d0313296_14481542.jpg

ふわぁ、っと舞い降りてきたクロアゲハは、日陰で休息?
d0313296_14542750.jpg

フラッシュ撮影したら、「カラスの濡れ羽色」みたいなりました
d0313296_14555335.jpg

この公園では、黒系アゲハと会えるので、曼珠沙華が咲く頃が楽しみです。
台風18号接近&上陸の前に引っ越しが終わってよかったです(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-09-16 15:05 | Comments(4)

ウラナミシジミ 2013初見 (6/23‐②)

トラフシジミに会えただけで大満足でしたが、またまた、思いもかけず、公園の隣の家の庭先で
ウラナミシジミと会いました。
d0313296_0251927.jpg

ずいぶん翅が傷んでいます。
d0313296_0262593.jpg

でも、今年の初見なので、しつこく撮りました。
d0313296_032786.jpg

ここは神奈川県の座間市。この個は、越冬体?新生蝶?私にはわかりません。
最後は、なぜか無くなってしまった尾状突起があった場所がわかる1枚です。
d0313296_0384997.jpg

by mikatanukibaba | 2013-06-26 06:30 | Comments(0)