「ほっ」と。キャンペーン

三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コツバメ ( 5 ) タグの人気記事

コツバメ  フル装備で (3/26)

3/17は、あまりのぽかぽか陽気に、写真展が開催されている「虹の家」に行ってみたら、なんと、休館。あぁ、休館日があることは知っていたのに、暖かさに浮かれてしまったのか、脳まで風邪をひいてしまったのか。それでも、近くの菜の花の群落でキタテハを撮ったり、公園内でコジュケイやタイワンリスを見て久しぶりの散策を楽しんだのですが、やっぱり、風邪気味だったのに外出したものだから、翌日からダウン。
あぁ、スプリング・エフェメラルに会いに行きたいのに、風邪が治っても、いろいろ予定が詰まっていて、なかなか出かけられず、じりじりしていましたが、ようやく、会いに行けました。
一眼デジ2台とコンデジ2台のフル装備での今季初のお出かけです。

最初に撮れたのは、逆光での「縁毛の青光」
d0313296_23282180.jpg

眼の周りの白いアイラインが好きなのですが、なかなか撮れません
d0313296_23311595.jpg

反対側の裏翅。少しだけ白いアイラインが撮れました
d0313296_23332676.jpg

のこのこ出かけて、到着は昼過ぎだったせいか、蝶の撮影者は私だけ、と思ったら、
毎日のように来ている、というYさんがいらして、何度も飛翔撮影にトライされ、
この個が、飛ばされても飛ばされても、近くに戻ってくる個だったので、
私もパスト連写で便乗させていただきました。(ありがとうございました)
何とか、コツバメの表紙の青い輝きが(肉眼と同じレベルではありますが^^;)
d0313296_23415390.jpg

別の場所の馬酔木にいた個
d0313296_2344135.jpg

やっと、白いアイラインが撮れました(^^)/
by mikatanukibaba | 2015-03-29 23:45 | Comments(1)

コツバメ 毛深い 4/1-② (2014)

ミヤマセセリの交尾シーンを撮った後、トラフシジミが飛び出した、というユキヤナギの方に行ってみましたが、会えなかったので、別の馬酔木を見て回りました。コツバメを探す、と言うよりは、馬酔木の花めぐり散歩という感じで歩いていたら、なんと、小さな馬酔木の樹で、目の高さ位のところに現れてくれました。
d0313296_2173562.jpg

後翅の肛角部の赤がちらっと撮れました。翅が破れてしまっているのかなぁと思ったら、
d0313296_2184992.jpg

正面から肛角部の葉状片が両方きれいに撮れたので、翅に傷みがあって赤い色が見えたのではなかったんですね。それにしても、毛深いです。今年は、いろんなシジミチョウをなるべく正面から狙って、毛深さ比較でもしてみようかしら?という気になりました(^^)
たくさんの蝶撮りの方々がいた馬酔木のポイントでは、テリ張りをするコツバメがいました。
d0313296_21281583.jpg

花に止まっても、吸蜜はしていませんでした。
d0313296_21294754.jpg

すぐそばで、こちらのキタテハは吸蜜していました。キタテハの吸蜜シーンは今季初めてです。
d0313296_2135045.jpg

翅の傷んだムラサキシジミでしたが、表翅の綺麗なブルーを撮ることができました。
d0313296_21392061.jpg

コツバメは、ちょっと姿が見えなくなっても、必ず戻ってきてくれました。
d0313296_21442053.jpg

2頭のコツバメがいたはずなのですが、どうも、撮れたのは、ここがお気に入りのこの個だけだったようです。
d0313296_21461845.jpg

蝶撮りの人が誰もいなくなったので、じっくり狙いを定めて、ちょっと濃いピンク色の満開の桜をバックにぼかして、やっと、縁毛の青をかすかに撮ることができました(^^)/
d0313296_215272.jpg

by mikatanukibaba | 2014-04-04 21:57 | Comments(0)

ギフチョウ (3/27)

神奈川県のギフチョウに会いに行きました。
午前9時に現地到着。
テングチョウ・ミヤマセセリ・スギタニルリシジミに目を奪われていると(撮影させてくれない個たちばかり)
おぉ、現れました、ギフチョウ!!
でも、止まってくれません。
お隣のポイントに行くと、スミレのステージを整えてギフチョウを待っている人がいたので、ご一緒させていただきました。

9:55 に現れた個
d0313296_2192236.jpg


10:04 に現れた個
d0313296_21111425.jpg


スミレの蜜は奥の方にあるのかな?ギフチョウのストローが短いのかな?こんなにお顔を突っ込んでいます。
d0313296_21115760.jpg


ちょっと待てば、けっこう姿を現してくれるのですが、止まってもすぐに飛んでしまうので、なかなか撮らせてもらえません。
(スミレのステージを整えていた方は、止まらない個にもシャッターを切っていたので、すいぶん撮っておられました。私もパスト連写でトライしてみようと思ったら、えっ、メモリー残量なし!!あぁ、お花見でたくさん撮っちゃってたんだった。そんなに酔ってなかったのになぁ。点検不足でした。)
ちょっと立ちんぼうに疲れてきたので、ちょこっと歩いたら、コツバメに遭遇(11:04)
d0313296_2115688.jpg


11:27 に現れた個 (この写真だけ、ノートリミングです)
d0313296_2118566.jpg


不思議なことに、12:00にお昼のチャイムが鳴ったら、ピタッと現れなくなりました。
最初のポイントでミヤマセセリのリベンジにトライするも、またもや、おちょくられっぱなしで撮影ならず。
スミレのステージに戻ったら、ご夫婦でいらしていた方が、「3頭、来てたのよ」と教えてくださったので、
あと1回、撮影できるまで粘ろうと覚悟を決めたら、
13:05 に現れた個は、たくさんシャッターを切らせてくれました。
d0313296_21354584.jpg


裏翅も撮れました
d0313296_21365274.jpg


ようやく、スミレのステージで撮れました
d0313296_21383153.jpg


撮れた写真は少ないし、ピントはあまいし、満足のいくものはありませんでしたが、でも、たくさん会えたので、とても楽しい一日でした。帰路の途中で寄った「かたくりの里」では、カタクリの花がたくさん咲いていて見頃でしたし、入口のところで、隣の畑から採ったばかりのほうれん草と長ネギを安く買えたので、さらにハッピー!!
by mikatanukibaba | 2013-03-28 21:56 | Comments(14)

コツバメ 飛翔(2012撮影)

昨年、一昨日と同じ場所で撮影したコツバメです。
CASIO EX-FH100のパスト連写で撮れました。
d0313296_12344844.jpg

d0313296_12361220.jpg
d0313296_1237136.jpg
d0313296_1238435.jpg


この4枚を(自作の)2013蝶のカレンダー3月に使いました。
(家のプリンターでプリントしたものをスキャンした画像です)
d0313296_1244525.jpg


カレンダー内の他のコツバメ3枚はこちら

d0313296_12511012.jpg


d0313296_12521936.jpg


d0313296_12531492.jpg


昨年4月に発行された「フィールドガイド 日本のチョウ」と照らし合わせてみたら、
どうも、飛翔を撮らせてくれたのは♂で、②の写真の個で、
①は別の個でひょっとして♀なのかなぁ? と思いました。
(この時、この場所では、この2匹としか会えなかったのです)
③は、狙って撮ったわけではありませんが、ほんの少し、表翅の青い輝きが写っていて嬉しかった1枚です。

今日は、「タグ」を付けてみたかったので、昨年のコツバメを投稿した次第です。
今年、また、コツバメに会える機会があるかどうか、わかりませんものね(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-03-21 13:15 | Comments(2)

初めまして は コツバメ から (3/19 埼玉県)

おそるおそる、ブログを始めてみることにしました。
知識もないし、記憶力もないし、理解力もない、
ただ、ただ、蝶々をデジカメで撮るのが好きなだけのオバサンなので、
蝶々のことやカメラに詳しい方、ピンボケ写真を許せない方には、
イラッと来る写真も掲載することがあると思いますが、
まぁ、老眼&乱視で筋力のないオバサンの趣味として、見過ごしてやってください。

今日は、コツバメに会えました(12:15 シャッターチャンス2回)
d0313296_073635.jpg


昨年、パスト連写のモデルになってくれたコツバメがいた場所でも(14:16 シャッターチャンス2回)
今日、初めてお会いできた蝶鳥ウォッチングのYODAさん、ありがとうございました。
d0313296_019643.jpg


お天道様が雲に隠れ、そのまま暮れてしまうかな、という頃、
またまた馬酔木の花で、やっと撮影モデルになってくれました(15:36~15:43)
d0313296_0261472.jpg


この1枚だけ、ノートリミングです
d0313296_041472.jpg


今日、会えた新蝶は、コツバメの他、キチョウ・モンキチョウ・モンシロチョウ・スジグロシロチョウ、ナミアゲハで
いずれも、2013初見でした。
成虫越冬と思われるテングチョウ・キタテハ・ムラサキシジミとも会えました。
この場所には、ウスバシロと会える頃に、また行こうと思います。
by mikatanukibaba | 2013-03-20 00:55 | Comments(6)