三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:サカハチチョウ ( 4 ) タグの人気記事

サカハチチョウ・クモガタヒョウモン等々 5/19-③

サカハチチョウとも、たくさん会いました
d0313296_954983.jpg

でも、撮影モデルになってくれる個があまりいなくて、(自分の腕が悪いのですが)
やっと、ウツギで吸蜜していたこの個だけ、近寄らせてくれました
d0313296_964096.jpg

正面顔も
d0313296_99730.jpg

トラフシジミとは、2度ほど出会いましたが、ものすごく警戒心が強く、証拠写真だけ
d0313296_911084.jpg

ツマキチョウのメス♀とは、幾度か出会いました
d0313296_9125927.jpg

やはり、撮影できるのは吸蜜の時
d0313296_9134648.jpg

コミスジとも、ちょこちょこ会いました
d0313296_9152178.jpg

コジャノメとも、ちょこちょこ会いました
d0313296_9173232.jpg

アオバセセリと会いたかったウツギには、ダイミョウセセリがいました
d0313296_9191344.jpg

アオバセセリとは、別の場所のウツギで会えたのですが、近寄れない場所だったので証拠写真のみ
d0313296_9252488.jpg

これは、心霊写真のように写っていた飛翔です
d0313296_924261.jpg

大きな桜の樹のところまで行こうと頑張って歩いていたら、クモガタヒョウモンに会えました
d0313296_927325.jpg

何とか裏翅を撮ろうと粘ったら、撮りやすい所で止まってくれました
d0313296_9313841.jpg

桜の樹で折り返し、もう一度撮影。(3か所くらいで出会ったので同じ個かどうかは?)
d0313296_9331679.jpg

クモガタヒョウモンは、飛んでも必ず戻ってきてくれるので、とっても可愛く思えましたが、
このアカタテハは、なかなか表翅を撮らせてくれず、じりじりしました
d0313296_9361637.jpg

たくさんの種に会えたので大満足でバス停に向かいました(まだ、続きます)
by mikatanukibaba | 2014-05-26 09:38 | Comments(0)

サカハチチョウ・アカタテハ・オオウラギンスジヒョウモン (BHにて-⑤)

ヨツバヒヨドリでは、アサギマダラと会える確率が大変高かったのですが、一ヶ所だけ、サカハチチョウにモテモテのヨツバヒヨドリがありました。
d0313296_23151461.jpg

一心不乱に(蝶にも当てはまる言葉かなぁ?)吸蜜しているので、撮られていることなど、お構いなしでした。
d0313296_2316153.jpg

またまた、撮りまくりました。
d0313296_231646100.jpg

なかなか、思うようなショットが撮れません。
d0313296_2317125.jpg

狙っていた表翅と裏翅のツーショットは、coolpixで撮れました。
d0313296_23221024.jpg

もちろん、1頭撮りも。お腹のシマシマが可愛いです。
d0313296_23263680.jpg

裏翅も真横から撮れました。
d0313296_23265891.jpg

地面近くで静止していた個も、よいモデルになってくれました。
d0313296_2330470.jpg

花壇のブッドレアでは、いつ見ても、アカタテハとオオウラギンスジヒョウモンが吸蜜していました。
アカタテハは、翅の傷んでいる個ばかりで、傷んでいない側を撮るのに苦労しました。
d0313296_23333284.jpg

やはり、表翅と裏翅のツーショットを狙いましたが、とうとう、きれいな表翅は撮れませんでした。
d0313296_23371852.jpg

でも、綺麗な個が舗道の上で、全開の表翅を撮らせてくれました。
d0313296_2339528.jpg

オオウラギンスジヒョウモンとのツーショット
d0313296_23404548.jpg

オオウラギンスジヒョウモンは、バッタともツーショット
d0313296_2342331.jpg

オオウラギンスジヒョウモンは、翅に痛みのない個も多くいました。
d0313296_2346294.jpg

表翅も撮れました。
d0313296_23463282.jpg

ヨツバヒヨドリにも
d0313296_23482075.jpg

リョウブ(の高い所)にも たくさんいました。
d0313296_23502278.jpg

花壇でも
d0313296_23513722.jpg

ここまでは、よいモデルになってくれた、というか、執拗に撮りまくった11種でした。
次回からは、とりあえず撮った(かろうじて撮れた)蝶たちです(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-08-19 23:58 | Comments(0)

サカハチチョウ夏型 と ?なシジミ2種 (7/16)

サカハチチョウに会える(はずの)林道に行きました。
結果から言えば、3回、会えたけど、なかなか撮影させてくれず、この証拠写真しか撮れませんでした。
d0313296_0403642.jpg

この日の最初のモデルは、ルリシジミ♂
d0313296_0422968.jpg

すぐ近くにいた、こちらのルリシジミ♂は、なんだか、前裏翅の縁に近い紋が濃いというか大きいというか?
d0313296_0465826.jpg

せっかく裏翅が撮れたのに翅が痛んでいたイチモンジチョウや、撮らせてくれないクロヒカゲに少々がっかりしていた後に、モデルになってくれたのはコチャバネセセリでした。
d0313296_0541986.jpg

次のモデルは、ヤマトシジミ♂
d0313296_0574164.jpg

あれっ?おしりになにか糸のような物が??
d0313296_059549.jpg

全開翅も撮らせてくれましたが、やっぱり、糸状のものが気になります。
d0313296_111337.jpg

近くに♀もいました。
d0313296_133017.jpg

この他は、コミスジ・キチョウ・スジグロシロチョウに会ったくらいでしたが、3度くらい、大きくて綺麗な(たぶん)カラスアゲハの飛翔も目撃しました。
一輪だけ咲いていた、とてもよい香りを放っていた山百合や
d0313296_113396.jpg

思いもかけず、撮影しやすい場所で咲いていたイワタバコに会えたのが嬉しかったです。
d0313296_1153946.jpg

一度だけ、濡れた地面で吸水しようとしていたミヤマカラスアゲハを狙う機会がありましたが、落ち着いて吸水してくれなかったので、証拠写真しか撮れませんでした。
d0313296_1113698.jpg

後裏翅を撮ることができませんでしたが、肉眼では、「ミヤマ」の白帯は見えませんでした。
撮れなかったけど、邪魔な生物(私)を追い払いたいかのように、何度も目の前を行ったり来たり飛んでいたので、美しい青緑色の輝きを何度も見ることができ、とっても嬉しかったです。
おまけに、骸骨の紋付羽織袴姿のようなラミーカミキリと会えて、面白かった一日でした。
d0313296_1272712.jpg

by mikatanukibaba | 2013-07-20 06:30 | Comments(2)

アサギマダラ&サカハチチョウ 2013初見&初撮り (4/29-①)

ちょっと足を痛めたので、遠出は断念。でも、気温が高くなるというし、翌日からはお天気が悪くなるという予報だったので、いてもたってもいられず、娘とその彼氏とを誘って、段差がなくて歩き慣れたオオルリの林道に行ってきました。蝶の数は少なく、出会いは15回くらいしかありませんでしたが、10種と会えました。そのうちの2013初見2種です。
彼氏くんが、飛んでいたのを見つけ、目で追って、「あれもテングチョウですかね?」と木の上の方に止まったのを教えてくれたサカハチチョウ
d0313296_748291.jpg

水を飲みたくて地面に下りてきましたが、胡散臭い生き物が3人もいるのでなかなか落ち着きませんでした。
d0313296_7485624.jpg

やっと、吸水
d0313296_823198.jpg


大きな桜の木のところまで行って、娘が握ってきてくれたおむすびを食べようかと、頑張って歩いていたら、
「あっ、大きい」って、誰が言ったんだっけ?やっぱり、彼氏くんだったかな。見ると、なんと、意外や意外、アサギマダラではありませんか!!この場所で会うのは初めてです。それも、確かに、大きい!!
なかなか止まってくれませんでしたので、優雅な飛翔を狙ってみました。
d0313296_893795.jpg

さんざんじらされましたが、やっと止まってくれました。
d0313296_8114478.jpg

今度は、道の中央を地面すれすれで飛び始めました。
d0313296_828970.jpg

吸水したかったようです。
d0313296_8301395.jpg

沢のほとりに下りて行ってしまいました。
d0313296_831724.jpg

また、上がってきましたが、沢側の葉に止まってしまいました。
d0313296_832576.jpg

また、沢の方に下ってしまい、
d0313296_8342727.jpg

また、上がってきたと思ったら、今度は高い木の枝にぶら下がったまま、30分以上動かなくなりました。
d0313296_8351776.jpg


アサギマダラが現れてから1時間ほど経っている間に、日の光が弱くなり、涼しくなってきてしまい、途中から一緒にアサギマダラを狙っていた方が「あそこで寝ちゃったかな?」とおっしゃったので、おむすびは待っている間に立ち食いしてしまったし、3人とも生理現象により某所に行きたくなってきていたので、アサギマダラが目覚めるのを待たずに帰ることにして歩き始めたら、あらら、飛び立ちました。でも、今度は、とうとう姿が見えなくなってしまいました。きっと、「バイバイ」と最後に飛翔を見せてくれたんだなぁ、と勝手に思い込む人間たちでありました。
by mikatanukibaba | 2013-04-30 09:00 | Comments(2)