「ほっ」と。キャンペーン

三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トラフシジミ ( 8 ) タグの人気記事

トラフシジミ 夏型 (6/5)

思いがけず、都区内でトラフシジミ夏型と会いました。
今年の初見なので、コンデジ撮影ですが、備忘録として。
d0313296_7525581.jpg

そういえば、春型とは5/1に埼玉県で会っていました。証拠写真しか撮れなかったけど、もう、会えない(時期が遅い)かな、と思っていたので、嬉しい出会いでした。
d0313296_8103115.jpg

by mikatanukibaba | 2015-06-06 08:19 | Comments(1)

トラフシジミ 斑紋異常 5/10-② (2014)

アオバセセリが戻ってくるのを気長に待っていたら、トラフシジミが飛んできて目の前に止まりました。
d0313296_852074.jpg

ちょっと翅が傷んでいる個でした。
すぐに飛んでしまいましたが、また戻ってきて、この日、初めてお会いした
フィールドノートさんが「あれっ、斑紋異常だ」とおっしゃったので、気合を入れなおして撮りました。
d0313296_8552641.jpg

反対側の翅も撮れたので、さっきの個と同じ個だと確認できました。
d0313296_8574313.jpg

アオスジアゲハにも人気のあるこの場所で、珍しく、日向の好きな、お花で吸蜜するクロヒカゲがいました。
d0313296_8595298.jpg

このクロヒカゲ、よほど、この花が気に入っているのか、この場所をテリトリーにしているのか、何度もシャッターチャンスをくれたのですが、白い花とクロヒカゲをちゃんと撮るのは、私には無理、でした(--;)
フィールドノートさん、いろいろ、ありがとうございました(^^)/
by mikatanukibaba | 2014-05-13 09:05 | Comments(4)

トラフシジミ春型 開翅 4/1-③(2014)

コツバメと遊んで、最初の馬酔木に戻ると、数人の方がトラフシジミを撮っていました。
d0313296_75303.jpg

なかなか、撮りやすいところに止まってくれなくて、皆で困っていたら、もう1頭がこの個に絡んで、一度だけバトル飛行をしたあと、近くの場所に止まり、モデル交代となりました。
d0313296_761035.jpg

お気に入りのアングルです。もうちょっとバッチリ撮りたかったなぁ~
d0313296_775794.jpg

モデルになってくれた個の翅は、期待していたようには青くなってくれません。
d0313296_783610.jpg

反対側の翅も、きれいに耀いてくれません。でも、肛角にちょっぴり赤斑が見えました。
d0313296_791717.jpg

後翅裏の橙斑も撮らせてくれました。
d0313296_7101681.jpg

とてもよく遊んでくれる個でした。
d0313296_7104657.jpg

馬酔木にいた個も、ときおり、撮りやすい場所に止まってくれるようになりました。
d0313296_7112029.jpg

でも、なかなか低いところに降りてきてくれず、これが精一杯の表翅撮影です。
d0313296_7114873.jpg

もう少し経ったら、低い場所に降りてきてくれるかも、と言う方がいたので、少しお散歩してコツバメにお別れをして戻ったら、蝶も人もいなくなっていました。それでも、その場を立ち去りがたく、しばらくボーっとしていたら、この個が飛んできてくれました。
d0313296_7122118.jpg

先の2頭とは別の個のような気がします。
d0313296_7154595.jpg

後翅表がこんなに青く耀いたのを見たのは初めてでしたし、何とか、裏の模様が透けて撮れたので、近寄っての撮影はできませんでしたが、大満足\(^^)/
d0313296_7125069.jpg

by mikatanukibaba | 2014-04-06 07:55 | Comments(2)

アオバセセリ・トラフシジミ夏型 (BHにて-④)

一番人気のリョウブでは、キバネセセリ、カラスシジミの他にも撮影に苦労した、でも嬉しい出会いがありました。大好きなアオバセセリです。
d0313296_21561541.jpg

キバネセセリより高いところを飛び回っていたので、一瞬、目(老眼)を疑いましたが、やはり、日なたでの輝きは見間違えようもありません。
d0313296_2157116.jpg

懸命にシャッターを切り続けます。
d0313296_2157397.jpg

もう少しぃ~
d0313296_21591750.jpg

何とか、アオバセセリらしい光沢を撮れました。
d0313296_2261281.jpg

もう1種、悩ませてくれたのがトラフシジミでした。第1日目はこの場所
d0313296_22203343.jpg

2日目はここ(っていうか、どこ?って感じですが)
d0313296_22211574.jpg

3日目にやっとここまで撮らせてくれました。
d0313296_22274067.jpg

リョウブの花にいた個はとうとうモデルになってくれませんでしたが、花壇に、とってもいいモデルさんがいました。
d0313296_22215518.jpg

かなり近寄らせてくれました。
d0313296_2244019.jpg

残念ながら、反対側の翅は少し痛んでいたので、同じ側からだけですが、尾状突起の向きが違うだけでも、撮れたのが嬉しくなってしまいます。
d0313296_2246561.jpg

お花の下で逆さになりながらも懸命に吸蜜している姿が可愛いです。
d0313296_22402999.jpg

なのに、吸蜜の邪魔をしてパスト連写を試みるとは、まったく、ひどいことをしたものです。ごめんなさい!
それも、こんなボケボケしか撮れなくて、ごめんなさい!!!
d0313296_22595139.jpg

by mikatanukibaba | 2013-08-18 23:04 | Comments(2)

トラフシジミ夏型 全開翅を初ゲット(6/23)

午後から座間市に行く用事があり、地図を見ていたら、すぐ近くに興味深い公園があったので午前中から出かけてみました。
犬の散歩やジョギングをするにはよい公園で、クヌギとコナラの林や昆虫の森と名の付いている所でも、どうも生物の気配が薄く、湿生生態園でもザリガニ獲りの子どもたちで賑わっているばかりでしたが、カワセミのいる池の畔では、ヒカゲチョウやキマダラヒカゲ等が飛び回っていました。撮影意欲をそそられる場面がなかなかなく、田んぼの近くでやっとベニシジミが求愛しているところでも撮れるかなぁ、交尾にまで至るかなぁ、と期待できたところで、何故か、横向きになっている個がいて、ベニシジミではなさそうだと思う程度で写してみたら、
d0313296_1664860.jpg

カメラのモニターでは、いくら拡大しても、裏翅が薄茶色であることしかわからず、えっ、う~ん、わからないなぁ、っと???でいたら、青い表翅を見せてくれました。
d0313296_1680100.jpg

え~~~っ!トラフシジミ!?
はい、肉眼で裏翅を確認できました。夏型のトラフシジミでした!!!
d0313296_16131494.jpg

トラフシジミの全開翅は初撮りでしたから、もう、嬉しいのなんのって。が、皮肉なことに、とうとう裏翅は撮影できませんでした。
d0313296_16162555.jpg

トラフシジミのきれいな青色も、角度によって見え方が違うことを初めて知りました。
柵の向こう側にいたので、近寄ることはできず、写真はかなりトリミングしてありますが、思いもかけず、トラフシジミと会えて、それも、春型のトラフシジミには、表翅のブルーをチラ見しかさせてもらえなかったから、全開翅を初撮りできて、超ラッキーでした!!!
by mikatanukibaba | 2013-06-24 16:22 | Comments(2)

ウスバシロ&オナガアゲハ 2013初撮り 他 (4/29-②)

オオルリの林道で出会った、初見ではなかった蝶を順に。
(4/29の写真は、すべてノートリミングです)

車を止めるとすぐ、テングチョウがいましたが、翅が傷んでいたので撮影せず。
梅林からの林道を歩き始めての最初に現れたのは、なんと、トラフシジミ
d0313296_1463195.jpg

飛んでもすぐ近くに止まってくれたので、数回シャッターを切れました。
d0313296_1491587.jpg

パスト連写も試みましたが、残念ながら、表翅は撮れず。
これは、ルリシジミのメス♀だと思います(裏翅も撮りましたが、設定ミスの失敗写真)
d0313296_1414288.jpg

次は、コミスジ 
d0313296_1411446.jpg

オナガアゲハのオス♂がモデルになってくれました。が、この1ポーズだけでした。
d0313296_14161780.jpg

このあと、↓のサカハチチョウと会い、その場所でウスバシロとも会えました。
この場所では、4/25にも(止まってくれない)ウスバシロと会ったのですが、今回は何とか撮影できました。
でも、地面から離れてはくれませんでした。
d0313296_14212250.jpg

スギタニルリシジミは、かなり翅が傷んでいました。
d0313296_14231836.jpg

このあと、↓のアサギマダラと会いました。
帰路では、ほとんど蝶の姿は見られず、最後に会ったのは、ヤマトシジミでした。
d0313296_14272626.jpg


動かなくなってしまったアサギマダラを見上げていた時、先日ミソサザイを教えてくださった方と再会し、その時のミソサザイと同じ日に撮ったオオルリとキビタキの、ご自身でプリントアウトしたと思われる、それはそれは美しい写真を見せていただき、どうぞ、とおっしゃってくださったので、遠慮なく頂戴しました。ヤッター(^^)/
木曜定休のお豆腐屋さんの美味しいお豆腐を店の前で食べ、いろんな花や蝶、鳥と出会えた若者二人も大満足の林道散歩ができ、案内役としてホッとした1日となりました。
by mikatanukibaba | 2013-04-30 14:45 | Comments(0)

トラフシジミ&スギタニルリシジミの開翅 (4/18)

初夏の陽気、ということで、避暑を兼ねて、オオルリのさえずりを楽しめる林道を歩いてきました。
家を出るのが遅くなったので、ミヤマセセリのポイントに到着したのは、すでにお昼。
ミヤマセセリは1頭だけ飛んでいましたが、「トラフもここに出たよ」という方と静止を待っていたのに、少しも遊んでくれず、姿を消してしまいました。
トラフを待ちたい気持ちもありましたが、とりあえず、先に進んでみました。

ウラギンシジミのオス♂が現れてくれました。(2013 初撮り トリミング)
d0313296_1753563.jpg


次はツマキチョウのメス♀が遊んでくれました。(開翅シーンは遠くだったので、やや近くでの静止シーンです)
d0313296_17572085.jpg


いくら沢沿いの涼しい道でも、さすがに陽気がよすぎた日の午後なので、あまり蝶と会えません。
普段よりも、もっと奥の方まで、どんどん歩が進みました。
ん?!ミヤマセセリのような黒っぽさ&大きさの、でもちょっと飛び方が違うかな?の蝶が道の先の方で止まりました。すると、見慣れたブルーのシジミとは違うブルーが!!
d0313296_1801481.jpg

おぉ、トラフシジミです。
d0313296_1805327.jpg

この1枚だけ、ノートリミングです。
d0313296_1814865.jpg


近寄らせてはくれず、この3枚しか撮れませんでしたが、存在感のある美しいブルーを拝ませてくれました。
元気が出てきたので、もう少し歩いてみました。が、どうも、蝶には会えそうもない感じなので、引き返すことに。もう、今日は誰とも会えないかな、ととぼとぼ歩いていたら、スギタニルリシジミではなく、ルリシジミが現れてくれました。(YODAさん、同定間違いを教えてくださり、ありがとうございます)
d0313296_1816484.jpg

パスト連写しようと設定を確認していたら、消えちゃいました。

前回、撮らせてもらえなかったアカタテハ、今回もその場所ではかなり翻弄されましたが、少し離れた所でやっとモデルになってくれる個が現れました。(2013 初撮り)
d0313296_18195442.jpg


ミヤマセセリのポイントは、すでに日陰になってしまっていたので、アカタテハが最後かな、と思っていたら、その場を離れると、小さな小さなスギタニルリシジミがいました。飛んでもすぐに近くに止まるので、パスト連写でまずは静止を撮影 (設定はすべてオート この時は日陰にいました)
d0313296_182947.jpg

次に飛翔を狙って、表翅が写った2枚 (このときは日向。オートでも午後4時ちょっと前の陽射しは赤っぽいですね)
d0313296_18305536.jpg
d0313296_18313084.jpg


きっと、これはメス♀なんだろうなぁ、と思いつつ、フィールドガイドで確認しようとしたら、そもそも、ルリシジミなのか、スギタニルリシジミなのか、のところで混乱してしまいました。でも、写真では、飛び方や蝶の雰囲気まではわからないので、実物と会ってきた私にとっては、スギタニルリシジミだ、ってことで(^^;)
(YODAさん、開翅を撮らせてくれたのはスギタニルリシジミ、との同定、ありがとうございます)
by mikatanukibaba | 2013-04-19 18:58 | Comments(4)

トラフシジミ 2013初見&初撮り (4/9)

4日前には会えなかった、目黒のノウルシに来るトラフシジミに会えました。

かなり雲の多いお天気で、4日前に飛び交っていたキチョウやツマキチョウの姿もあまり見られません。
雲が切れて晴れると、ウラギンシジミが数頭、樹の高い所でチラチラ飛びます。でも、撮れません。
とにかく、腰を据えて待っていたら、10:45、ふぅっと、小さい小さい黒っぽい蝶が、落ちるようにノウルシの中に・・・よし来た!!!と一生懸命、目を凝らすと、いました、いました
d0313296_232242100.jpg


ファインダー越しに、向きを変えるのを待ってみたら、おぉ、14秒後に
d0313296_23334416.jpg


70-300㎜の望遠でも、柵を超えるわけにはいかないので、これが限界
d0313296_2336184.jpg


トリミングしたら、かろうじて、触角や目、尾状突起も写っていました
d0313296_23411895.jpg


50分後に、また現れたときは止まってくれず、飛び去っただけでした。風が強くなってきたし、他の蝶の姿もなくなったので、今日はここまで。17秒間で4回しかシャッターを押せなかったけど、きれいな縞模様やオレンジ色が見られたので、満足(^^)
by mikatanukibaba | 2013-04-09 23:56 | Comments(2)