三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ベニシジミ ( 4 ) タグの人気記事

高崎山で会った蝶 9/26 (2014)

初めての九州旅行の最初は、高崎山自然公園。
入口で出会ったウラギンシジミ
d0313296_6543450.jpg

台風16号が去った、平日の晴れの日、ということで、
のんびり居眠りしたり、毛づくろいをする、警戒心のないサルたちと、
今年生まれた、120匹以上の子ザルが少しもじぃっとすることなく遊ぶ姿に、
ホモサピエンスが近くを歩いても、一向に構わないので、踏まないように気を付けながら、
飽くことなく、シャッターを切り続けました。
なので、蝶の写真は、この ヤマトシジミ だけ(^^;)
d0313296_734519.jpg

おサルたちに後ろ髪を引かれながら、水族館「うみたまご」のショーの時間に間に合うように移動。
線路脇に蝶のいそうな空き地があったので、ちょっとだけ寄り道したら、
ヒメウラナミジャノメがいました。
d0313296_710975.jpg

ベニシジミがモデルになってくれて、
d0313296_7124862.jpg

偶然のツーショット
d0313296_7133566.jpg

あれっ?尾状突起とまではいかないけど、ずいぶん尖ってる?
d0313296_715648.jpg

夏型のきれいな個でした
d0313296_717920.jpg

あと、見かけたのは、アオスジアゲハとモンキアゲハと、私の眼にはジャコウアゲハのオスに見えた黒系アゲハ、それと(たぶん、キタ)キチョウ、でした。
by mikatanukibaba | 2014-10-07 07:22 | Comments(0)

ウラギンシジミとベニシジミ (12/14)

千葉市内の公園で、11月下旬からずぅっと同じ場所にじぃっとしているウラギンシジミです。
d0313296_117171.jpg

このまま、越冬するのかなぁ。孫の家に行くたびに確かめなければいかんなぁ、寒いけど(--;)

孫のお遊戯会を抜け出して、ちょっと花壇を見に行ったら、なんと、ベニシジミがいました。
d0313296_1112385.jpg

12月にベニシジミに会えるなんて、ちょっと驚き!で、しつこく撮影
d0313296_1115665.jpg

この個も、この数日後に来た寒波の空気の冷たさに驚いたことでしょう。

この日はコンデジで撮影。
一眼の方は、すでに冬眠に入っちゃいました(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-12-21 11:25 | Comments(1)

ウラナミシジミ 他 (9/12)

孫家族の引っ越しの合間に、千葉市内の公園に行ってきました。
猛暑がぶり返していたので、朝のうちだけ、とは思って出かけましたが、9時にはすでに暑くて、2時間弱でささっと、ざっと公園を回って終わりにしましたが、歩き始めたときにはイチモンジセセリくらいにしか会えなかった花壇に、帰りはベニシジミ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、アゲハ、そして、ウラナミシジミがいました。
d0313296_14345949.jpg

花壇への水やりホースのそばで吸水するウラナミシジミ(↑と同じ個)
d0313296_14374091.jpg

水をかけてもらい活き活きとした花で吸蜜に「集中」していたツマグロヒョウモンは、こんなに輝いていました
d0313296_14403742.jpg

お花に負けない鮮やかさのベニシジミ 裏翅
d0313296_14421234.jpg

ベニシジミの「黒んぼ大会」があったら、優勝しそうな個もいました
d0313296_1445425.jpg

キアゲハか?と思うほど黄色の強い(ナミ)アゲハとも会いました
d0313296_14471474.jpg

翅に痛みのない個で、少し降りてきてくれたのを必死で追いかけましたが、逆光のため、濃い黄色が撮れませんでした
d0313296_1449439.jpg

花壇でモデルになってくれた個は、左の尾状突起がないのが残念、でも、綺麗でした
d0313296_14481542.jpg

ふわぁ、っと舞い降りてきたクロアゲハは、日陰で休息?
d0313296_14542750.jpg

フラッシュ撮影したら、「カラスの濡れ羽色」みたいなりました
d0313296_14555335.jpg

この公園では、黒系アゲハと会えるので、曼珠沙華が咲く頃が楽しみです。
台風18号接近&上陸の前に引っ越しが終わってよかったです(^^;)
by mikatanukibaba | 2013-09-16 15:05 | Comments(4)

ヤマトシジミ・ベニシジミ・他 (3/22)

ミヤマセセリにはおちょくられた日(3/22)でしたが、今年初見の新生蝶ヤマトシジミとベニシジミや3月6日に2013の蝶撮りを開始してからちょこちょこ会ってきたキタテハやテングチョウがモデルになってくれました。

ヤマトシジミ♂
d0313296_1217397.jpg

d0313296_11563058.jpg


ヤマトシジミ♀
d0313296_1218543.jpg

d0313296_11585235.jpg


とっても小さいヤマトシジミ、可愛いお顔をかろうじて撮れたのは、この一枚だけ
d0313296_1221769.jpg


ベニシジミも、春はとっても小さくて、撮るのがたいへん
d0313296_12241072.jpg

d0313296_1225495.jpg


キタテハ
d0313296_12355438.jpg


テングチョウ♂  オオイヌノフグリの花とのコラボは初撮り
d0313296_12375392.jpg


テングチョウ♀
d0313296_12401441.jpg


テングチョウ 後翅裏の「枯葉」模様が素敵だった個
d0313296_1242413.jpg


テングチョウは、これまで雌雄を気にしたことがありませんでしたが、前翅表の「金魚」のような模様のところに違いがあることを、「フィールドガイド 日本のチョウ」で お勉強しました!
by mikatanukibaba | 2013-03-25 12:54 | Comments(8)