三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ルリシジミ ( 4 ) タグの人気記事

2014の初見はキタテハ&ルリシジミ (3/12)

啓蟄を過ぎても、あまりに空気の冷たい日が続き、お外に出られずにいましたが、
突如、4月上旬の陽気になるというので、千葉市内の公園を歩いてみることにしました。

4頭のキタテハと会えました(^^)/ 2014初見の蝶は、成虫越冬の蝶でした。
前翅にも青い小斑点がある個
d0313296_1335151.jpg

小斑点が青くない個
d0313296_1372074.jpg

小斑点が、かすかに青い個
d0313296_1384534.jpg

一番、近寄らせてくれた個
d0313296_14129100.jpg

どの個も、飛び去っても必ず近くに戻ってきました。越冬して、やっと訪れたポカポカ陽気の、気持ちの良い日向ぼっこを満喫したがっているように見えました。邪魔してごめんね(^^;)
(キタテハは、すべてノートリミングです)

河内桜も梅も山茱萸(サンシュユ)も満開でした。
花粉をいっぱい集めたハチさんがいました。
d0313296_154574.jpg


孫のお迎えの時間がせまってしまい、歩を速めたとき、小さくひらひら 風に飛ばされているようなものが目に入ったので足を止めて見ていたら、あらら、花びらでもごみでもなく、方向転換して、葉に止まったではありませんか。
おぉ、縁毛が青いです。でも、ボケた(><)
d0313296_204996.jpg

逆光なので、ストロボ撮影もしました。
d0313296_21121.jpg

じりじりしながら開翅を待ちましたが、私に気づいたらすぐに高い樹上に飛んで行ってしまいました。
証拠写真しか撮れませんでしたが、新生蝶のルリシジミにも会えて感激!でした\(^^)/
by mikatanukibaba | 2014-03-13 06:28 | Comments(0)

ウラナミシジミ 開翅 (9/19-①)

孫の幼稚園のそばの千葉市内の公園の彼岸花は、まだ開花していませんでした。でも、花壇で蝶と遊べました。
まずは、ウラナミシジミが駐車場脇の花壇にいました。
d0313296_9574843.jpg

この花がお気に入りのようで、花から花へ飛び移るだけで、ずぅっと花壇にいてくれたので、開翅を狙ってみました。
d0313296_1014644.jpg

なかなか左の表翅が撮れません。
d0313296_101910.jpg

もうちょい
d0313296_1022991.jpg

ふう、やっと1回だけ開いてくれました(^^)/
d0313296_1034513.jpg

赤い車が止まっていたので、背景にしてみました。すっかり撮影モデルになってくれたので、パシャパシャ撮らせてもらいました。
d0313296_1061721.jpg

ヤマトシジミは、開翅してくれませんでした。
d0313296_101088.jpg

公園内を歩き回っている間は、あまり蝶と会いませんでしたが、ルリシジミを逆光で撮るチャンスがあったので、青く輝く外縁を狙ってみました。
d0313296_10165072.jpg

花壇に戻ると、黒系アゲハを撮るチャンスがたくさんありました(次回に)
最初にウラナミシジミと遊んだ花壇で、帰り際にもウラナミシジミと会えました。
d0313296_10192047.jpg

最初の個とは別の個のようです。また、赤い背景で撮りまくりました。
d0313296_10421862.jpg

ちょっと風があったせいか、まったく開翅しませんでしたが、尾状突起が風になびくので、交差する尾状突起が撮れました(^^)
d0313296_1020758.jpg

by mikatanukibaba | 2013-09-22 10:33 | Comments(2)

ムラサキシジミ・ダイミョウセセリ 他 (9/9)

ずいぶん、カメラを持たない日が続いてしまいました。という言い訳に、眼鏡を忘れての散策という理由を加えての、蝶はたくさんいたのに撮影がままならなかった、いつもの横浜市内の公園での秋シーズンの始まりでした。
ミヤマカラスアゲハか?と見間違えるほど綺麗だったカラスアゲハや大きなモンキアゲハ、白斑が目立ったナガサキアゲハのメス♀は、飛翔を肉眼で楽しんだだけに終わり、ヒメウラナミジャノメやヤマトシジミすら、まともに撮らせてもらえず、で、気落ちすることばかりでしたが、唯一、ムラサキシジミの綺麗な個に会え、何とか撮れたのが慰めとなりました。
d0313296_8494013.jpg

別の場所でも綺麗なムラサキシジミが一瞬、モデルになってくれましたが、ガ~ン、ピンボケ。でも、綺麗だった証拠と綺麗な色は撮れたかな(^^;)
d0313296_855851.jpg

もう1種、撮影意欲を掻き立ててくれたのが、ダイミョウセセリでした。
d0313296_934947.jpg

ダイミョウセセリの白斑が花の色を透かしているのは、初めて撮れました。というより、初めて知りました。(ということで、もう1枚)
d0313296_9111983.jpg

メスグロヒョウモンと会える(はずの)場所では、アザミがまだ蕾だったせいか、他の場所で飛んでいたメスグロヒョウモンのオス♂には会えませんでしたが、このダイミョウセセリがいたハギは公園内のあちこちで咲いていたハギの中でも一番人気で、イチモンジセセリやキチョウの他、ルリシジミにも会えました。
d0313296_9154890.jpg

小さい蝶の産卵シーンって、たまらなく可愛いなぁと感じます。シャッターを切る瞬間、日が差したので(と言い訳)、ちょっと白っぽくなりすぎましたが、お気に入りの1枚です。
d0313296_91915100.jpg

このヤマトシジミのメス♀も綺麗でした。
d0313296_9215864.jpg

アカボシゴマダラも歩いていた目の前に現れてくれました。
d0313296_929111.jpg

産卵シーン、だったのかなぁ?
d0313296_930632.jpg

カワセミを狙うバズーカ砲のような望遠レンズを付けたカメラの三脚が15台ずらりと並ぶ後ろで、スジグロシロチョウの吸水ツーショットにも遭遇しました。
d0313296_9323547.jpg

こことは別の場所の小さな池で、目の前に飛んできてくれたカワセミです。カワセミのメス♀を撮ったのは、これが初めてのような気がします。(下の嘴の赤色が撮れたのが初めて、ってことかな)
d0313296_946432.jpg

冒頭に書いたナガサキアゲハのメス♀ですが、とにかく証拠だけでも撮りたいとあわててシャッターを切ったのですが、この1枚しか撮れませんでした。
d0313296_9353019.jpg

ネス湖の「ネッシー」の写真よりはマシかな?と苦笑い、いえいえ、何とも悔しい、無念の1枚でした(--;)
by mikatanukibaba | 2013-09-10 09:48 | Comments(0)

サカハチチョウ夏型 と ?なシジミ2種 (7/16)

サカハチチョウに会える(はずの)林道に行きました。
結果から言えば、3回、会えたけど、なかなか撮影させてくれず、この証拠写真しか撮れませんでした。
d0313296_0403642.jpg

この日の最初のモデルは、ルリシジミ♂
d0313296_0422968.jpg

すぐ近くにいた、こちらのルリシジミ♂は、なんだか、前裏翅の縁に近い紋が濃いというか大きいというか?
d0313296_0465826.jpg

せっかく裏翅が撮れたのに翅が痛んでいたイチモンジチョウや、撮らせてくれないクロヒカゲに少々がっかりしていた後に、モデルになってくれたのはコチャバネセセリでした。
d0313296_0541986.jpg

次のモデルは、ヤマトシジミ♂
d0313296_0574164.jpg

あれっ?おしりになにか糸のような物が??
d0313296_059549.jpg

全開翅も撮らせてくれましたが、やっぱり、糸状のものが気になります。
d0313296_111337.jpg

近くに♀もいました。
d0313296_133017.jpg

この他は、コミスジ・キチョウ・スジグロシロチョウに会ったくらいでしたが、3度くらい、大きくて綺麗な(たぶん)カラスアゲハの飛翔も目撃しました。
一輪だけ咲いていた、とてもよい香りを放っていた山百合や
d0313296_113396.jpg

思いもかけず、撮影しやすい場所で咲いていたイワタバコに会えたのが嬉しかったです。
d0313296_1153946.jpg

一度だけ、濡れた地面で吸水しようとしていたミヤマカラスアゲハを狙う機会がありましたが、落ち着いて吸水してくれなかったので、証拠写真しか撮れませんでした。
d0313296_1113698.jpg

後裏翅を撮ることができませんでしたが、肉眼では、「ミヤマ」の白帯は見えませんでした。
撮れなかったけど、邪魔な生物(私)を追い払いたいかのように、何度も目の前を行ったり来たり飛んでいたので、美しい青緑色の輝きを何度も見ることができ、とっても嬉しかったです。
おまけに、骸骨の紋付羽織袴姿のようなラミーカミキリと会えて、面白かった一日でした。
d0313296_1272712.jpg

by mikatanukibaba | 2013-07-20 06:30 | Comments(2)