三鷹の狸のてふてふ交遊録

tanukibaba.exblog.jp
ブログトップ

ジャコウアゲハ 6~7頭との出会い (5/10-③)

実は、このウツギの樹に最初にいたのは、この個でした。(9:20)
d0313296_22295093.jpg

うわぁ、体が赤い、やったぁ、ジャコウアゲハだ、と喜んだものの、尾状突起が両方ともない個でした。
d0313296_22324126.jpg

かなり吸蜜シーンを提供してくれましたが、やっぱり、尾状突起がないのが残念です。
d0313296_22303210.jpg

すると、①で紹介した、美麗な個がやってきて、この樹を占拠したのです(9:25~)
尾状突起が両方ない個は、その後も何度か来ましたが、ことごとく、美麗な個に追い払われました。
尾状突起が片方ない個も、ときおり現れました。(9:53)
d0313296_22415025.jpg

美麗な個がすぐに追い払うので、尾状突起が片方の個は、この1枚しか撮れませんでした。
この樹のところでは、1時間弱、撮影ができました。が、自分の目の高さより高い所ばかりにカメラを向けたせいで、首が痛くなってしまったので、残りの山道は、なるべく下を向いて歩きました。
展望台のあるところで昼食を済ませ、ヤマトシジミを眺めながら休憩をして、さぁ、帰ろうと歩き始めたら、これまで、虫が止まっているのを見たことがないシャガの花にジャコウアゲハが止まっていました。(12:30)
d0313296_2248443.jpg

どうやら、テリ張りをしていたようで、この個も飛び回ってばかりでした。
「甘い」誘惑があったので、食後のティータイムが長くなってしまったら、天気予報どおり、雲行きが怪しくなってきました。少し歩を速め、帰路を急いだのですが、あのウツギの樹の所に戻ったら、吸蜜しているジャコウアゲハがいました。(14:14)
d0313296_2321418.jpg

さっきの美麗な個と同一かどうかはわかりませんが、暗くなってきたし、少し涼しくなってきたので、このときはその場をさっさと離れました。
それでも、歩いていてウツギの花があると、目を凝らしてしまいます。
いました。葉が邪魔をしていますが、この日、一番の至近距離です。(14:38 ノートリミング)
d0313296_23265030.jpg

何とか、手前に邪魔な葉がないアングルを狙いました。(ノートリミング)
d0313296_23275936.jpg

反対側の翅も美麗な個でした。(14:41)
d0313296_23285146.jpg

最後に、一番たくさんウツギの花が咲いていた所でも吸蜜している個がいました。(14:47 ノートリミング)
d0313296_2335159.jpg

この頃から、ときおり、雨粒が落ちてきました。
展望台のある広場では、もう、アジサイの花が咲いていました。証拠写真すら撮れなかったけれど、モンキアゲハも飛んでいたし、途中でアサギマダラにも会えたし、「甘い」誘惑もあるので、あっ、いや、ジャコウアゲハのメス♀の表翅も撮りたいので、近々、また行ってみようと思います。
by mikatanukibaba | 2013-05-12 23:49